三菱UFJ、大手金融からの人材引き抜き止まらず。野村證券で活躍の著名ストラテジストを米マクロ戦略責任者に

prime_MUFG_poaching

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)による、海外金融大手からの人材引き抜き攻勢が止まらない。

JHVEPhoto/Shutterstock.com

日本の金融最大手、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、アメリカ債券市場における事業拡大戦略の一環として、ジョージ・ゴンカルベスをマクロ戦略の責任者に迎えたことを明らかにした。

ゴンカルベスは野村證券のアメリカ部門に2010年から9年間勤務し、2019年に退社。債券ストラテジストとしての個人活動期間をへて、2021年4月にMUFGに入社した。野村證券では、アメリカ金利戦略、債券戦略の責任者を務めた。

野村證券以前は、米銀メリルリンチ、バンク・オブ・アメリカ、モルガン・スタンレーで債券アナリストあるいは金利ストラテジストとして実績を積み重ねてきた。

MUFGではニューヨークを拠点とし、債券市場の展望、市場戦略、トレードアイデアなどマクロ戦略全般の立案を担当。MUFG広報担当によると、アメリカの機関投資家営業部門を統括するマネージング・ディレクター、ジョン・カラベラスが直属の上司となるという。

6080301c74da0300181e2ec0

野村證券などで金利戦略、債券戦略のエキスパートとして活躍してきたジョージ・ゴンカルベス(George Goncalves)。

MUFG

ゴンカルベスのマクロ戦略責任者就任は、MUFGが2020年10月に立ち上げたキャピタルマーケット(資本市場)戦略部門の強化が狙いとみられる。資本市場に影響をおよぼすマクロ経済の動向について、顧客向け資産運用アドバイス能力の向上がゴンカルベスの役割となる。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み