無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ネットフリックス vs HBOマックス、ストリーミング戦争の鍵は世界戦略

『ゴジラvsコング』。

『ゴジラvsコング』

Warner Bros.

  • ネットフリックスは、第1四半期で目標の新規契約件数が目標を200万件下回ったが、約400万件獲得した。
  • アメリカのみで展開するHBOマックスは、第1四半期の新規契約件数が300万件近くとなった。
  • これは、ストリーミング業界で国際的な展開がいかに重要かを表している。

ネットフリックス(Netflix)の2021年の第1四半期は期待外れな結果となり、株価も10%下落した

同社の新規契約件数は、アメリカでの44万8000件を含め、世界で合計約400万件となったが、当初の予想を200万件下回った。

だが同社は、アメリカのみで視聴可能なワーナーメディア(WarnerMedia)のHBOマックス(HBO Max)に比べてずっと多くの新規契約者を獲得している。HBOマックスの2021年第1四半期の新規契約件数は、およそ300万件だった。

ネットフリックスは2013年以降で最低の結果だったが、それでも新規契約件数でHBOマックスを上回っており、ストリーミング戦争で国際的な展開がいかに重要かを示している。HBOマックスは、2021年6月にラテンアメリカでサービスを開始する予定だ。

ワーナーメディアの親会社であるAT&Tは4月21日、第1四半期決算報告で、HBOマックスのリテール契約件数(HBOマックスと直接契約を結んだ件数)は現在970万件で、前四半期より280万件増加したと述べた。これまで開示していた、ケーブルテレビ放送局HBOの契約者がHBOマックスのサービスにアクセスした数については、公表しなかった。

ネットフリックスの全世界の契約件数は、アメリカの6700万件を含め、2億700万件だ。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み