今なら6億円は下らない? ニューヨーク市で最も幅の狭い家「75 1/2 ベッドフォード・ストリート」

75 1/2 ベッドフォード・ストリート

75 1/2 ベッドフォード・ストリートは、ニューヨーク市で最も幅の狭い家だ。

Left: Massimo Salesi/Shutterstock; Right: Google Maps

  • グリニッジ・ビレッジにある「75 1/2 ベッドフォード・ストリート」は、ニューヨーク市で最も幅の狭い家だ。
  • 3階建てのレンガ造りのこの建物は、幅が9.5フィート(約2.9メートル)しかなく、直近では2013年に325万ドル(約3億5000万円)で売れた。
  • 不動産市場の競争が激しい今なら、2倍以上の値段になっていても驚きはない。

ニューヨーク市歴史建造物保存委員会(New York City Landmarks Preservation Commission)によると、ニューヨーク市で最も幅の狭い家は「75 1/2 ベッドフォード・ストリート」だ。数億円の価値があるこの家の幅は9.5フィート(約2.9メートル)しかない。

75 1/2 ベッドフォード・ストリート

75 1/2 ベッドフォード・ストリート。

Massimo Salesi/Shutterstock

Source: New York City Landmarks Preservation Commission


3階建てのこの家は1873年、グリニッジ・ビレッジの2つの家の間の狭い路地に建てられた。

地図

Google Maps

Source: New York Post, Village Preservation


2013年のTown Residential Real Estateのリストによると、この家の広さは999平方フィート(約92.8平方メートル)しかない。カメラマンのジョージ・ガンド4世(George Gund IV)が2013年に325万ドル —— 1平方フィートあたり3253ドル —— で購入した。Insiderはガンド4世にコメントを求めたが、回答は得られなかった。

間取り図

TOWN Residential Real Estate

Source: The Wall Street Journal


不動産市場の競争の激しさを考えると、今なら2倍以上の値段になっていても驚きはない —— Zillowは今なら600万ドル以上になるだろうと見ている。

街並み

Joey Hadden/Insider

Source: Insider, Zillow


2013年のリストによると、前の所有者が室内のリノベーションを行い、大きく開くドアや窓、3階には天窓を付けたという。キッチンからは1階の裏庭がよく見える。

キッチン

TOWN Residential Real Estate


「狭いですが、驚くほど住みやすい家です」と2013年の売買を担当したボー・ポールセン(Bo Poulsen)氏はInsiderに語った。ポールセン氏は「明らかに制約があるので、創造力を働かせて空間を使う必要がある」とした上で、この家には「消えることのない魅力もある」と言う。

リビング

TOWN Residential Real Estate


階段を上がると主寝室がある。本棚、暖炉、通りが見渡せる窓が付いている。

主寝室

TOWN Residential Real Estate


廊下を挟んだ向かい側には、バスタブとスチームシャワー付きのバスルームがある。バスタブの近くには小さな暖炉まである。

バスルーム

TOWN Residential Real Estate


3階にはスタジオがあって、ここにも通りを見渡せる大きな窓、本棚、暖炉がある。

スタジオ

TOWN Residential Real Estate


来客用の寝室も3階にある。奥のドアは共有の裏庭を見下ろす小さなポーチへと続いている。

来客用の寝室

TOWN Residential Real Estate


裏庭は、この家の狭さを考えるとものすごく広い —— その広さは10×42フィートほどだ。

裏庭

TOWN Residential Real Estate


この家はその"狭さ"と"歴史"からニューヨークの観光地の1つとなっている。ピューリッツァー賞を受賞した詩人エドナ・ミレイや、絵本『みにくいシュレック』を手掛けたウィリアム・スタイグといった有名人が住んでいたこともある。

エドナ・ミレイ

「私のろうそくは両端が燃える」などと書いた詩人のエドナ・ミレイは、1923年から1924年までこの家に住んでいた。

Alfred Eisenstaedt/The LIFE Picture Collection via Getty Images

Source: Wall Street Journal, The Villager


家の外には、ミレイがピューリッツァー賞を受賞した詩をこの家で書いたとするプレートが掲げられている。ただ、ミレイ・ソサエティの作管理者エリザベス・バーネット氏はこれに異議を唱えていた。

プレート

ニューヨーク市歴史建造物保存委員会がこのプレートを設置した。

TOWN Residential Real Estate

Source: The Villager

[原文:New York City's skinniest townhouse is just 9.5 feet wide and cost $3,000 per square foot

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

オンライン化

「ハイリスクハイリターン」な民間出身者が公教育を変えられる理由

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jun. 22, 2021, 11:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み