アメリカの不動産業者はTikTokをフル活用…SNSの中でも特に優れている理由とは

不動産

Skye Gould/Insider

  • 新型コロナウイルスのパンデミックの中、アメリカでは大手不動産会社や不動産エージェントが、販売でも賃貸でも、TikTokを活用するようになっている。
  • 不動産エージェントにTikTokが彼らのビジネスをどのように変えたのかを聞いた。

パンデミックの影響でビジネスのオンライン化を強いられる中、不動産エージェントは意外なプラットフォームを活用し始めた。TikTokだ。

ニューヨークを拠点とする不動産エージェントのキャッシュ・ジョーダン(Cash Jordan)は、TikTokで60万人以上のフォロワーと1420万の「いいね!」を獲得している。彼はこの1年間で、100万ドル(約1億円)のタウンハウスや家賃月2500ドル(約27万円)のアパートなどを紹介してきた。彼がTikTokに関してただ1つ後悔しているのは、なぜもっと早くこのプラットフォームを使わなかったのかということだと言う。

パンデミックの影響で、デジタル空間に進出せざるを得なくなった不動産エージェントの中には、ショートムービーを特徴とするTikTokのフォーマットに適応する者が現れた。ジョーダンは彼が「恐竜のような業界」と呼ぶ不動産業界はオンライン化に適応しなくてはならなかったのだと言う。そして、TikTokはティーンエイジャー向けのアプリという評判とは裏腹に、ビジネスに恩恵を与えてくれているという。

ニューヨーク市のロックダウン後、ジョーダンはTikTok、YouTube、インスタグラム(Instagram)などのプラットフォームに動画を投稿し始め、大きな反響を得た。

「物件の価格が2000ドルでも60万ドルでも関係ない。TikTokやYouTubeの利用者は非常に多いので、誰かしら興味を持ってくれる人がいる」とジョーダンは言う。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み