無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


命に関わることも… あなたが水を飲み過ぎているかもしれない8つのサイン

水を飲む人

水分補給は重要だ。しかし、飲み過ぎも良くない。

Sergio Perez/Reuters

  • 水分補給は極めて重要だ。しかし「飲み過ぎ」や「水分過剰」になることもある。
  • 水分過剰は電解質の減少につながり、頭痛や脱力を招くこともある。
  • 唇や手、足がむくんでいる場合、水を飲み過ぎているかもしれない。

水は人間のからだに必要不可欠なものだ。健康的な生活を送りたいと考えている人にとって、水分補給は最優先すべきことだ。しかし、水分を取り過ぎてしまう可能性もある。

水を飲み過ぎると、軽い症状から命に関わる症状までさまざまな副作用を起こす可能性がある —— そして、水分過剰は体内の電解質のバランスを崩すことにつながりかねない

カリウムやナトリウム、マグネシウムといった電解質は、腎臓から心機能まで全てを調節する役に立っている。水を取り過ぎると、からだがきちんと機能し続けるために必要な電解質が足りなくなる可能性がある。

あなたの水分摂取量が多過ぎるかもしれない、いくつかのサインを見ていこう。

※注:以下のリストで紹介する症状は、水分過剰が原因となっているケースもあれば、その他の疾患や問題が原因となっているケースもあります。判別がつかない時は医師に相談してください。


のどが渇いていない時でも水を飲んでいる

複数の専門家は、自らの"のどの渇き"に任せておけば、多くの人々は1日に必要な水分量を取れると考えている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み