無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


拡大する富裕層の欧米移住。日本では報じられないコロナ危機の実情示す「アフリカ個人資産レポート」の全貌

prime_africa_johannesburg

アフリカで最も豊かな個人資産を抱える都市、南アフリカのヨハネスブルグ。

Shutterstock.com

コロナショックによりアフリカ大陸の個人資産総額は9%減少したが、それでも2020年末時点でミリオネア(=個人資産100万ドル以上)が12万5000人、うちビリオネア(=同10億ドル以上)は22人いる——。

コロナ後のアフリカ経済の実態が、モーリシャスに本拠を置くアフレシアバンク(AfrAsia Bank)の調査により明らかになった。

アフリカの個人資産総額(2兆円)の半分以上を占めるのは、南アフリカ(6040億ドル)、エジプト(2820億ドル)、ナイジェリア(2070億ドル)、モロッコ(1110億ドル)、ケニア(900億ドル)の5カ国で、「ビッグ5」と呼ばれる【図表1】。

prime_africa_graph_1

【図表1】国・地域別の個人資産ランキング。アフリカ大陸のビリオネア22人中20人が上位4カ国に集中する。

出所:AfrAsia Bank Africa Wealth Report 2021

ただし、アフリカで最も富裕な国としてはモーリシャス(資産合計額400億ドル)の名前があがることが多い。ミリオネアの数は4400人、国民1人あたりの保有資産額は3万ドルを超える(アフリカで保有資産額が1万ドルを超える国はほかに南アフリカしかない、下の【図表2】参照)。

prime_africa_graph_2

【図表2】1人あたりの平均個人資産額ランキング。モーリシャスがダントツで、「ビッグ5」のケニアですら1700ドル。

出所:AfrAsia Bank Africa Wealth Report 2021

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み