優れたビジネスに必要なものとは…バフェットとベゾスは共通の認識を持っている

ウォーレン・バフェット

ウォーレン・バフェット

AP

  • ウォーレン・バフェットとジェフ・ベゾスは、企業や投資について同じような見解を持っている。
  • ベゾスは株主への年次書簡で、バフェットの師であるベンジャミン・グレアムの言葉を2回引用している。
  • 2人のCEOは、長期的な視点を重視し、強力なブランド力のある企業を愛している。

投資持株会社バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)の筆頭株主で会長兼CEOのウォーレン・バフェット(Warren Buffett)とアマゾン(Amazon)のジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)CEOは、テクノロジーという点では正反対だ。ベゾスがクラウドコンピューティングに精通し、バフェットは最近ようやく折り畳み式携帯電話からスマートフォンに変えたことがそれを示している。

しかし、バフェットとベゾスの間には、意外な共通点がある。例えばベゾスは、バフェットの師の言葉を好んで引用し、株式の長期保有を重視し、「理想的なビジネス」についての考え方も似ている。

投票と計量

2021年4月、ベゾスはアマゾンCEOとして最後の書簡を株主に送った。24年前から毎年書き続けてきたこれらの書簡のうちの2つで、ベゾスはベンジャミン・グレアム(Benjamin Graham)の言葉を引用している。

グレアムはコロンビア大学でのバフェットの師であり、若きバフェットを自身のファンドで採用し、彼が生涯にわたって割安株への投資に情熱を傾けるきっかけとなった人物だ。

ベゾスは、2000年と2012年の書簡で「株式市場は短期的には投票機だが、長期的には計量機である」というグレアムの有名な言葉を引用している。バフェットも、バークシャーの株主に宛てた書簡のうち、少なくとも4回(1987年、1993年、2014年、2017年)、同じ言葉を引用している。

ベゾスとバフェットは、アマゾンやバークシャーの株価が日々どう動くのかを心配する必要はないと投資家に伝えるためにこの言葉を引用したと思われる。彼らは投資家が長期的なトレンドに注目することを望んだ。それは企業の成功が時間の経過とともに株価に反映されるものだと考えていたからだ。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

オンライン化

「ハイリスクハイリターン」な民間出身者が公教育を変えられる理由

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jun. 22, 2021, 11:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み