無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「信頼ある半導体供給の連鎖」には日本企業の勝機がある…インテル日本法人・鈴木社長に聞く

インテル日本法人の鈴木国正社長

インテル日本法人の鈴木国正社長。

撮影:笠原一輝

世界的な半導体逼迫(ひっぱく)が日本の中核産業である自動車産業へも波及したことで、日本国内でも、良くも悪くも半導体産業に注目が集まっている。

半導体産業で売上高世界1位のインテルで、日本法人のトップを務める鈴木国正社長は、昨今の注目は、半導体の置かれているポジションの変化を象徴していると、筆者に語った。

「従来(の半導体業界)であればIT業界の中で足りない・足りているという話(で済んでいた)。それがいまや半導体が1つないだけで、モノが動かなくなる可能性が出てきており、かつすぐに代替が利きにくい。半導体の役割は大きく変質しており、すでに社会インフラの一部になってきている」(鈴木氏)

半導体不足が製造業の「見えざる課題」を浮き彫りに

筆者はIT業界の記者なので、半導体が足りない、いや逆に余っているという状況を何度も目にしてきた。その意味では、いま世界的に発生している半導体不足に対して、当初は「いつものことだ」という受け止め方だったことは否定できない。

しかし、今回が以前の半導体不足と大きく違っているのは、自動車やヘルスケア(新型コロナの流行によって医療機器に大きな注目が集まっている)といった「これまでなら一見するとITとは無関係のような産業界」からも、半導体不足が深刻だという声が上がっていることだ。

例えば、自動車を例に取ってみよう。

テスラ Model3

このテスラ Model3のような液晶コクピットは極端だが、速度メーターや回転計をモニターに置き換える車両は高級車以外にも増えている。

撮影:伊藤有

この10年で自動車の半導体利用率は大きく上がった。

以前なら、自動車向け半導体は、いわゆるカーナビゲーションに相当するIVI(In-Vehicle Infotainment)システムとエンジンなどの電気制御を司るECU(Electronic Control Unit)に搭載されているMCU(Micro Controller Unit)に搭載されている程度だった。

しかし、いまではドライバーが見るメーター類までデジタル表示になり、スマートフォンにも利用されているようなSoC(System On a Chip)がその表示を担当している。

また、いわゆるADAS(先進運転支援システム)の実現も、各種SoCやさまざまな近接・3次元センサー(レーダー・ライダー・CMOSセンサーなど)といった半導体なくしては動かない。

近い将来には、車載イーサネットと呼ばれるデジタルネットワークが、現在の車中をはいまわるアナログ信号線を置き換えていく。そういう未来もすぐそこまで来ている。

半導体不足という意味では、インテル自身も実際この3年間、PC向けCPUの供給不足を引き起こし、顧客からの突き上げに直面していたことは、業界では有名な話だ。

鈴木氏は言う。

「我々も3年前からCPUの供給不足を起こしてしまった。その最大の要因は“需給バランス”の読みの難しさだった。しかしその後、製造に大きな投資を行った結果、現時点では改善がかなり進んでいる。

インテルの経験からすると、現在起きているのはそうした需給関係の予想の難しさ(の結果)だと考えている。半導体がこれだけ多くの産業に広がった結果、あらゆる産業がそれに刺激されて、需要が喚起され、今回のような事態に至ったと考えている」

「莫大な投資」と「時間との勝負」の半導体ビジネス

インテルが米アリゾナ州にもつインテル・オコティージョ・キャンパス

インテルが米アリゾナ州にもつインテル・オコティージョ・キャンパス。2兆円をかけて「メガファブ」と呼ばれる新しい工場を2棟建設すると発表された。

出典:インテル

実のところ半導体産業というのは、“足の長い”産業である。足りないことが今日わかっても、いきなり増産するのが「不可能」なのが難しいところだ。

難しさの一端は、工場(半導体業界の用語ではファブ=Fab)への投資が膨大であり、かつその工場の建設には数年間という時間がかかる、ということにある。半導体不足がわかって、では工場を増やそうと決断しても、それができる頃にはもう需要はなくなっているかもしれない。

だから半導体メーカーとしても、おいそれと工場を増設するわけにはいかない。

工場投資の決断はそれほどに難しく、ある種、胆力の必要な「ギャンブル」的側面を持つ投資なのだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み