無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


たった1つの小道具がNetflixを“タイムマシン”にする話…「ビンテージ映画パンフ」が持つ魔力

午前十時の映画祭

撮影:長岡 武司

「巣ごもり」のゴールデンウィークが再びやってきた。当初予定していた旅行や帰省をキャンセルせざるを得ず、長い休みをどうやって過ごそうかと、悩んでいる方も多いのではないだろうか。

そんな方に、最近私がハマっている「タイムスリップ映画鑑賞」を紹介したい。タイムスリップに必要な「道具」は公開当時のパンフレット、これだけだ。パンフレットには、文字通り「魔力」がある。

映画館は当然として、ネットフリックスやAmazonプライム・ビデオでも楽しめる、鑑賞方法だ。

中学生時代の自分がよみがえった「古いパンフレットの魔力」

午前十時の映画祭

撮影:長岡 武司

そもそも、なぜこんな提案をしているのか? 実は、「”愛”に寄り添うテクノロジー」を伝えるLoveTech Mediaを主宰しながらライターでもある私は、かつて、映画パンフレットのちょっとしたコレクターだった。

時代としては、2000年代初頭。ちょうど「IT革命」や「ビットバレー」といった用語が飛び交っていた頃だ。当時、中学生だった私は、各所にあったブックオフから古本屋まで色々な場所に足繁く通って、自分が好きな作品や掘り出し物の映画パンフレットを買い漁ることを趣味にしていた。

最終的なコレクション数は分からないが、大学生になってもちょこちょこと購入していたので、軽く1000冊は超えていたと思う。

午前十時の映画祭

当時処分しなかったパンフレットの束。

撮影:長岡 武司

そんな私も、度重なる引越しや嗜好の変化があって、社会人も目前の時期になるとほぼ全てのパンフレットを手放してしまった(今考えると、何も手放す必要はなかった……)。

おそらく、映画パンフレットへの執着と共に、断捨離をしたいかったのだと思う。『遊星からの物体X』や『ターミネーター』、『激突!』といった大好きな映画のパンフレットを除いて、きれいさっぱり処分したのだ。

あれから10年以上が経った。

何度かの引っ越しを経て、現住所近くで散歩していたある日、ふと私にとっての「運命のお店」とバッタリ再会した。かつて映画パンフレットの相場をチェックするために頻繁に訪れていたWebサイト「たなべ書店」(東京都・江東区)のリアル店舗だ。

午前十時の映画祭

たなべ書店本店の外観。見た目は普通の古き良き古本屋なのだが、中に入って奥まで進むと「60年代」とか「ゴジラシリーズ」といったざっくり分類で、古いパンフレットがひしめき合っている。

撮影:長岡 武司

この店舗を見た瞬間、かつて封印した映画パンフレット熱が再燃して、思わず目についた一冊を購入していた。1970年日本公開の名作映画『イージー・ライダー』のパンフレットだった(映画好きとしてはぜひ『イージー☆ライダー』と表記したい)。

「タイムスリップ映画鑑賞」の忘れられない体験

そしてここからが今回のテーマになる。帰宅すると、たまたまネットフリックスでも配信されていたので、「どんな映画だったかの情報検索を一切しない」状態で、部屋でパンフレット片手に一気見したのだった。

まったくの偶然だったが、この時の体験は忘れられないものになった。パンフレットには「情報のアップデート」という概念がないのだ。

午前十時の映画祭

1970年に日本で初公開された名作映画『イージー・ライダー』のパンフレット。

撮影:長岡 武司

『イージー・ライダー』そのものは、大昔には何度も観たことがある。ただ、改めて鑑賞するのはおそらく大学生以来、十数年ぶりだ。

パンフレットの発行年は昭和47年(1972年)。日本での公開から2年経った頃の物ということになる。中身を見てみると、情報が当時でストップしているのが非常に面白い。

例えば、劇中でアルコール依存症の弁護士ジョージ・ハンソン役を演じたジャック・ニコルソンについて、現代ではほぼ信じられないが、以下のような表現がある。

「イージー・ライダー」では俳優として登場するが、どちらかといえば脚本家としてのニコルソンのほうがよく知られている。

引用元:昭和47年発行映画パンフレット『イージー・ライダー』より

午前十時の映画祭

『イージー・ライダー』のパンフレット。当時の写真も注目だが、見所の1つは、この時代を反映した「文章」だ。

撮影:長岡 武司

ご存知の通り、ジャック・ニコルソンといえば、今となっては「俳優」というイメージが最も強い。計12回のアカデミー賞ノミネート経験と、3回の受賞歴がある大ベテランだ。少し映画に詳しい方であれば映画監督やプロデューサーという顔もご存知だろうが、脚本家のキャリアがあることは、知らない人もいるだろう。

あとで調べてみると、実はこの『イージー・ライダー』で、ジャック・ニコルソンは初めてアカデミー助演男優賞にノミネートされており、そこから本格的に俳優人生のキャリアをスタートさせている。

本来、映画パンフレットは最新作の情報サポートツールとして機能していたもののはず。それが、およそ半世紀の時を経て、「存在価値の化学反応」を起こしているというのが興味深かった。

「激突!のパンフレット」

撮影:長岡 武司

似たような例では、スティーブン・スピルバーグ監督がテレビ映画として撮影した『激突!』の初版パンフレットもある。日本公開は1973年なのだが、パンフレットではスピルバーグ監督への言及はほとんどない。ここからも、よく言われるように当時はまだ無名だったことが感じられる。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み