マイクロソフトの社風を一変させた“再興の立役者”サティア・ナデラがすすめる必読書11冊

マイクロソフトCEOのサティア・ナデラの人生にとって、読書は欠かせないものだ。

ナデラはグローバル企業のCEOの中でもトップクラスの存在感を誇る。そのリーダーシップには定評があり、2020年度の報酬額は4290万ドル(約42億9000万円)にものぼる。

米キャリア情報サイト「コンパラブリー」の2019年ベストCEO、また『フォーチュン』の「2019年を代表するビジネスパーソン」にも選出されている。さらにMarkets Insiderでは、ナデラ率いるマイクロソフトが創業から44年で1兆ドル(約100兆円)を超える企業価値を達成したと紹介している。

そんな輝かしいキャリアを歩むナデラは、「自分のアイデアは読書習慣によるものだ」と言う。

「ファスト・カンパニー」のインタビューでは、次のように話している。

「この本を数ページ、あの本を数ページと読み進めます。もちろん、最初から最後まで読む本もありますが、とにかく本がないと生きていけないんです」

エコノミック・タイムズのインタビューでは、スタンフォード大学の心理学者キャロル・ドゥエックの『マインドセット』を読んだことが、マイクロソフトの文化を変えるきっかけになったと語っている。「何でも学ぶ」マインドセットを取り入れた結果、枠にとらわれずに考えるようになり、やりづらい企業改革も進めやすくなったという。

マイクロソフトCEO就任直後はマーシャル・ローゼンバーグの『非暴力コミュニケーション』を参考にし、役員たちにこの本を読むことをすすめている。ナデラは今までのトップとは違うと経営陣が気づき始めたのは、この頃からだ。

そして現在は、企業がどのように政治に影響を与えるのか、またなぜ企業は社会的な目的を持つべきなのかを理解するために、コリン・メイヤーの『株式会社規範のコペルニクス的転回』を読み、役員たちにすすめている。

そのほか、ナデラの読書に関するエピソードは枚挙に暇がない。

そこで本稿では、仕事と人生に大きく影響を与えたナデラおすすめの11冊を紹介しよう。

T・S・エリオット『Little Gidding』(邦訳:『四つの四重奏』)

T・S・エリオット『Little Gidding』(邦訳:『四つの四重奏』)

Faber and Faber

マイクロソフト勤続22年にしてCEOに就任したナデラは、立場によって風景が違って見えることを説明する際にこの詩の内容を引用している。

「『探求をやめてはいけない。探求し続けた後、また元の場所に戻ってくる。そのときにはまったく違う景色が見えるんだ』という詩は、今の私の状況をそのまま表しているようです。そのことが示す意味を、立場が変わって初めて実感しています」

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み