無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


スティーブ・ジョブズに学んだ3つの教訓。ピクサーでの13年は「大学院レベルの授業」

若い頃、私は制作会社ピクサー・アニメーション・スタジオで13年以上働いていた。技術責任者として入社し、退職する時はシミュレーションツールの責任者を務めていた。ピクサーを離れた後も、エンジニアリングやプロダクト開発に関わるさまざまな仕事を経験してきた。

私がピクサーに在籍していた当時、スティーブ・ジョブズはまだCEOで、すでにシリコンバレーの伝説になっていた。

そのジョブズに対して、私はある新しい技術(現在もピクサーで使われている技術)をプレゼンする機会を得た。この時のことは、組織の規模、役割、肩書に関係なく、起業家になったつもりで事業を考えるという意味で、さながら大学院レベルの授業のような経験だった。

大ヒット連発のピクサーで

Pixar

Pixar

Light Orancio / Shutterstock.com

当時ピクサーが手掛けていた最新のアニメーションと言えば、『ファインディング・ニモ』『Mr.インクレディブル』『カーズ』など。しかし、これらの作品には技術的な課題が多く、業界のトップであり続けるには、20年前に開発されたアニメーションのプラットフォームを見直す必要があった。

私は当時、他のリーダー4人とともに、新しいアニメーションプラットフォームを一から開発するチームを率いていた。

もしピクサー以外の組織で、ジョブズ以外のリーダーの下で仕事をしていたとしたら、私たちのプロジェクトには何の問題もなくゴーサインが出ていただろう。詳細な提案書を作成し、トップにサインしてもらうだけのことだ。

だが、トップにジョブズがいるピクサーではそうはいかなかった。

ジョブズへのプレゼンはさながら「起業家のピッチ」

tim milliron

筆者のティム・ミリロンは現在、ポディウムのエンジニアリング担当上級副社長。これまでにグーグル、トゥイリオをはじめとする企業のプロダクト責任者を歴任。

Tim Milliron

ジョブズとともにプロダクトやチーム、計画を見直し、デューデリジェンスを繰り返しながら、アップルの技術者から承認を得る——このプロセスに要した期間は実に数カ月。

映画の中で描かれるジョブズ、あるいは直にジョブズと接した人たちは、彼のことを「嫌なやつ」だとか、そこまで言わないにしても「頑固で気難しい人」だと評する。たしかに、私たちのプレゼンを聞く時のジョブズに遠慮の二文字はなかった。ジョブズは鋭くて頭がよく、「適度に懐疑的な」指摘を返してくるのだ。

ジョブズの質問の仕方は、漠然とした提案を本質的なところまで絞り込ませるようなものだった

例えば、ソフトウェアに関するプレゼンの時なら「それでピクサーの秘伝のタレは何なの?」と問い質される。システムについてのプレゼンなら、「それを従来のシステムの10倍以上にするにはどうすればいい?」「最高の映画を作るというピクサーの事業のコアにとって、なぜそれが重要なんだい?」という具合に。

こう質問されれば、答えは明白だ。私たちは、監督のアイデアを実現するための最高のツールをアニメーターたちに提供したい。古いシステムの中で偶然見つかった魔法のようなデータを体系化したり、何百人ものアーティストたちが同時に映画制作でコラボレーションできるようにしたい……。

プロジェクトの中で「なぜ」を明確に説明できたのは、ジョブズのおかげだ。ジョブズが私たち社員に求めていたのは、ビジョンを明確にすること。ビジョンを実現するためにこのソリューションが最適である理由を説明すること。そして、そのソリューションを構築するために自分たちがいかに最高のリーダーシップを備えたチームであるかを説明することだった。

このプロセスの厳しさには正直驚かされたが、この経験を通して、私は3つの重要な教訓を得た。以下にそれを紹介しよう。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular