欧米のミレニアル世代で早期リタイアが流行。それでも僕が「絶対にリタイアしたくない」理由【入山章栄】

今週も、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄先生が経営理論を思考の軸にしてイシューを語ります。参考にするのは先生の著書『世界標準の経営理論』。ただし、本連載はこの本がなくても、平易に読み通せます。

みなさん、「FIRE(ファイア)」という言葉を聞いたことはありますか? 早期リタイアを指す言葉で、いま欧米の20〜30代のあいだに広がっているのだとか。このムーブメントの背景にはどんな社会の変化があるのでしょうか。入山先生が考察します。

【音声版の試聴はこちら】(再生時間:7分02秒)※クリックすると音声が流れます


なぜ早期リタイアをめざす若者が増えているのか

こんにちは、入山章栄です。

今回はこの連載をまとめてくれているライターの長山さんが気になっているという話題について、考えてみましょう。


ライター・長山

ライター・長山

いま欧米の20~30代のあいだでは、「FIRE(ファイア)」と呼ばれる早期リタイアがムーブメントになっているそうです。まだ若いのに働かないなんて、うらやましいような、そうでもないような……。
いったいなぜ、このような人たちが増えているのでしょう。そして日本でも早期リタイアは広まるでしょうか?


「FIRE」とはFinancial Independence, Retire Earlyの略で、30代くらいまでに働かなくても生活できるだけの資産をつくり、残りの人生は質素でいいから、好きなことをして生きるというライフスタイルを指すようですね。

これはミレニアル世代を中心に起きているムーブメントです。我らがミレニアル世代代表・Business Insider Japan編集部の横山耕太郎さんに話を聞いてみましょう。

横山さんのまわりに、“FIRE”を実践している人はいますか?


BIJ編集部・横山

BIJ編集部・横山

僕はいま33歳ですが、僕の知る限り、周囲で早期リタイアを実現した人はまだいませんね。でもかっこいいなと思いますし、あくせく働いている身からすると、正直いってあこがれはあります。


へえ、やっぱり横山さんにもFIREへのあこがれはあるんですね!

ではなぜ、体力も気力もあふれた若い人たちが、働かない生き方を志向するのかを、経営理論的に考えてみましょう。そこで重要になるのが「内発的動機」という考え方です。これはモチベーションの重要な概念です。

端的に言えば、僕は、「FIRE」をめざす人たちは、内発的動機に忠実なのだろうと思います。

モチベーションには「外発的動機」と「内発的動機」があります。「外発的動機」とは高い報酬や社内での昇進など、外部から与えられるものを糧に頑張るモチベーションのことです。「この仕事をやり遂げれば昇進できるから頑張ろう」といった感じですね。

それに対して「内発的動機」とは、「この仕事は面白いのでなんとしても自分がやりたい」「これをやることがワクワクしてしょうがない」というような、自分が心からやりたいと思う、内面からのモチベーションのことです。

そして僕はこれからの時代は、外発的動機よりも、内発的動機がさらに重要な時代になると考えています。

その理由として重要なのは、多くの先進国ではこれから経済成長がさらに鈍化することです。経済成長は国によって程度に差があるので絶対ではありませんが、実際に先進国の多くは、すでにある程度の経済的な豊かさを達成しているのは確かでしょう。

有名なマズローの欲求5段階説でいえば(下図参照。ちなみにこの説は科学的には根拠がないと言われているのですが、僕はたとえとして有用だと思っています)、ピラミッドの下のほうの原初的な欲求である生理的欲求や安全欲求は先進国ではほぼ満たされているので、それより高次の社会的欲求や承認欲求、自己実現欲求を満たす段階に来ている。つまり、お金や安全性よりも自分の内面を満たす段階に来ているのです。

マズローの5段階欲求説

編集部作成

加えて、先進国の経済成長は鈍化しがちです(これは経済学では、ソローモデルなどの理論で説明できます)。自分の国の将来に高い経済成長が期待できないなら、これからの未来に期待してあくせく働いてガツガツ稼ぐよりも、自分のやりたいことだけをやろうと考える人が多くなるはずです。

しかもこれだけ価値観が多様な時代ですから、先進国ではみんながそれぞれ独自の内発的動機を持つようになっています。結果として、「ガツガツ働き続けるよりも、質素でいいから、早くリタイアして自分が好きなことだけをやろう」となるのではないでしょうか。「FIRE」もその流れで生まれたと考えられます。

僕が「絶対にリタイアしたくない」理由


BIJ編集部・常盤

BIJ編集部・常盤

おそらくいつの時代も、生活のために我慢して働いていた人は多かったと思います。でもそういう縛りから自由になるのは、いい傾向ですよね。
ところで、もしも入山先生が「いますぐリタイアしてもいいよ」と言われたら、どうしますか?

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

オンライン化

「ハイリスクハイリターン」な民間出身者が公教育を変えられる理由

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jun. 22, 2021, 11:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み