アメリカ最大の農地所有者、ビル・ゲイツの約980平方km…離婚によって分割される可能性

ビル・ゲイツが所有する農地はどうなる

Kevork Djansezian/Getty Images

  • ビル・ゲイツはアメリカで誰よりも多くの農地を所有していることが、The Land Reportの分析でわかった。
  • その報告によると、彼の農地の広さは24万2000エーカー(約980平方km)で、ワシントン州からフロリダ州まで18の州に渡って存在する。
  • これらの農地は、妻メリンダとの離婚したことで、分割される可能性がある。

2021年1月に発表されたThe Land Reportの分析で、マイクロソフト(Microsoft)の共同創業者で慈善家であるビル・ゲイツ(Bill Gates)は、アメリカに24万2000エーカー(約980平方km)の農地を所有しており、最大の民間農地所有者であることが分かった。

だが、ゲイツが最大の農地所有者である期間は、そう長くない可能性がある。彼は5月3日、結婚から27年を経て、妻のメリンダ・ゲイツ(Melinda Gates)と離婚することをツイッターで発表したからだ。

世界で4番目に裕福な人物であるゲイツが所有する、24万2000エーカーの農地を含めた推定1460億ドル(約16兆円)の資産は分割される可能性がある。

彼らは婚前契約は交わしていなかったが「離婚契約」に従って資産を分割する予定だとTMZは報じた。この契約によって夫妻は、裁判を経ずに資産を分割できる。契約の内容は明らかになっていないが、分割される資産は過去最大となり、メリンダ・ゲイツは世界で最も裕福な女性になる可能性が高い。

The Land Reportによると、夫妻は18の州に広大な農地を所有しているという。そして、ゲイツ家が所有する最も広い農地があるのはルイジアナ州(6万9071エーカー、約280平方km)で、そのほか、アーカンソー州(4万7927エーカー、約194平方km)、ネブラスカ州(2万588エーカー、約83平方km)などにあると報じている。

同記事によると、これらの農地は直接所有しているものと、彼の資産管理会社、カスケード・インベストメント(Cascade Investment)を通じて所有しているものがあるという。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み