無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


コロナ禍で高まるアメリカ人の"牛肉への愛"、2020年の売り上げは前年から23.7%増えた

牛肉

Justin Sullivan/Getty Images

  • 2020年にはその売り上げが303億ドル(約3兆3100億円)にのぼるなど、牛肉はアメリカで最も売れている肉だ。
  • しかし、一部の専門家は、気候変動という危機に取り組むために、アメリカ人は消費する肉の量を減らす必要があると指摘する。
  • 牛肉を含む赤身肉を食べることが禁止されるのではないかという恐れと、こうした肉の売り上げが伸びている現実との間には根本的な"ズレ"がある。

アメリカ人の"牛肉への愛"が強まっている。そして、これが危機に拍車をかけていると、環境問題の専門家たちは言う。

牛肉はアメリカで最も売れている肉で、売り上げが最も急速に伸びている肉だ。その売り上げは2020年、前の年に比べて23.7%増えた。

「2021年3月、牛肉は店の全ての売り場の中でパンデミック前の通常のレベル(2019年)に比べて最も伸びた分野でした。シーフード、ベリー類、チョコレートよりも、です」と市場調査会社210 Analyticsの創業者アン・マリー・ローリンク(Anne-Marie Roerink)氏はInsiderに語った。

「さらに、ハンバーガーは、ピザやチキンウィングと並んで、2020年のレストランのテイクアウトおよびデリバリーにおける台風の目でした」とローリンク氏は続けた。

ただ、売り上げが急増する一方で、アメリカ人の食生活における"牛肉支配"は危機に瀕しているとの考えも広まっている。

これが牛肉を愛するアメリカ人と気候変動の専門家との間の緊張に拍車をかけ、飲食店や食に関する出版物は赤身肉に対する自らのスタンスを明らかにするよう迫られている。

こうした緊張が脚光を浴びたのは、バイデン大統領が人々の赤身肉の消費量を90%削減させることで、気候変動の危機に取り組むつもりだとの誤った情報が駆け巡った時だった。

その一方で、一部のレストランや食に関する出版物は牛肉への依存を減らしている。

アメリカで有名な高級レストラン「イレブン・マディソン・パーク(Eleven Madison Park)」は5月3日、メニューから肉と魚を外すと述べた。アメリカの人気レシピサイト『Epicurious』は先週、 牛肉を使った新しいレシピを公開しないと発表した。サステナビリティ(持続可能性)を促進するため、『Epicurious』は赤身肉を使ったレシピの公開を1年以上前から取り止めていたという。

牛肉が消えたことに激怒する人たちから、気候変動の危機への対策としてこの動きが妥当でないと考える人たちまで、『Epicurious』の決断はネット上で大きな議論を呼んだ。

この一件は、アメリカにおける牛肉の消費をめぐる議論の難しさを強調した。これまでになく人々は牛肉を食べているという事実 —— 専門家はこれを食い止める必要があると指摘している —— があるにもかかわらず、人々は自分たちの選択の自由が攻撃されているように感じているのだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

【期間限定】クーポンコード「BIP21」で年額プランが今だけ10%OFF ※有効期限11/1 23:59:00、初回(1年目)のお支払いのみ適用されます。
有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み