無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


人助けがしたいけれど…… コロナ禍で負担が増大する最前線の看護師たちの本音

看護師

Ben Hasty/MediaNews Group/Reading Eagle via Getty Images

  • 新型コロナウイルスのパンデミックの最前線で働く多くの看護師たちが、肉体的にも精神的にも疲れ切っている。
  • Trusted Healthの調査によると、アメリカではかなりの数の看護師たちが転職を考えているという。
  • 看護の仕事に対する情熱が失われたように感じると答えた人のうち、25%は新たな仕事を探しているもしくは引退を考えているという。

新型コロナウイルスのパンデミックが始まってから1年以上が経ち、先行きが見えない中で患者を助けるためにこれまで休むことなく働いてきた看護師の中には、この仕事を辞めようと考えている人たちがいる。

コロナ禍での看護の仕事に耐えられなくなった人たちもいるし、多くの看護師たちは自分たちの仕事が正当に評価されていない、過小評価されていると感じている。

トラベルナースのニッキー・モッタさんはこの1年、アメリカ東海岸沿いの複数の病院で働いてきた。新型コロナウイルスの患者を看護し続けてきたモッタさんはストレスで髪が抜けた。

モッタさんが働いてきた病院はどこも深刻な人手不足に陥っていて、重症患者の中にはマンツーマンのケアを必要とする人がいるにもかかわらず、たくさんの患者を受け持つことが多かったと、モッタさんはInsiderに語った。患者の体勢を変えるといったタスクや患者の基本的なケアも、全て1人でやらなければならなかったという。

「人工的な昏睡状態にあったり、消耗しきっていたり、身体機能が低下していて、こちらに協力することができない患者さんの体勢を変えたり、からだを持ち上げたりするんです。床ずれがないかどうか確認するために患者さんのからだを横向きにするのですが、それを手伝ってくれる人はいないんです」

「助けてくれる機械もありません。そのため、看護師たちが1日中、数時間をかけていろいろな体型、いろいろな身体状態の患者さんの肩や背中、足の傷をチェックしているんです」

多くのトラベルナースが別の仕事を探している

看護師

AP Photo/Elaine Thompson

約1000人のトラベルナースを対象に行われたTrusted Healthの最新のオンライン調査によると、回答者の67%は「医療機関が看護師のメンタルヘルスや健康を重視しているとは思わない」と考えている。

また、看護の仕事に対する情熱が失われたように感じると答えた人のうち、46%は離職を検討していて、25%は看護師以外の仕事を探しているまたは引退を考えているという。

Trusted Healthによると、看護の仕事に対する情熱が失われたと答えた40歳以下の看護師は、平均よりも22%多かった。

「これは大問題です。看護師の供給はすでに少ないからです」とTrusted Healthのクリニカル・イノベーションの責任者ダン・ウィバーグ(Dan Weberg)氏はInsiderに語った。「看護師はずっと不足してきました。2029年まで、毎年17万5000人の欠員が出続けるだろうとの統計もあり、看護師が早い段階で離職し、十分なトレーニングができないとなると、全く違う医療危機を招きかねません」とウィバーグ氏は言う。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み