どうして? 外国人が不思議に思う、アメリカの23の「当たり前」

チップ

アメリカの「チップ」文化はなかなか理解されない。

Anastasiya Aleksandrenko/Shutterstock

  • アメリカでは当たり前でも、他の国の人々にとっては風変りに感じることもある。
  • アメリカではあらゆるところで目にする薬のCMや国旗は、海外の人々の目には奇妙に映っている。
  • チップの文化や学生ローンの額もアメリカならでは、だ。

お札の色が全部同じ

ドル紙幣

REUTERS/Jo Yong-Hak

アメリカでは、ドル紙幣は全て同じ緑がかった色をしていて、ちょっとした違いはあるものの、ほとんど同じに見える。

他の国を旅してみると、多くの場合、額によって紙幣の色やサイズがそれぞれ異なっていることに気付くだろう。ドル紙幣は全て同じに見えるため、アメリカを訪れた外国人は混乱することもあるようだ。


飲み物に大量の氷を入れる

飲み物

Monica Schipper/Getty Images for Here Media

ヨーロッパを訪れたアメリカ人がちょっと驚いてしまうのが、飲食店があまり氷を使わないことだ。大半の店はこちらが頼まない限り氷をくれない。

飲み物に大量の氷を使うのは、アメリカ人を含めてごくわずかな人々だ。その理由を書いた記事まである。スミソニアン・マガジンは、これはアメリカ人の「多ければ多いほどいい」という風潮に関係しているかもしれないと指摘している。


自分たちのことやその習慣、国を説明するのに「アメリカ」「アメリカン」という言葉を使う

アメリカ

REUTERS/Brendan McDermid

アメリカで育った人なら、「アメリカ」と「合衆国」は置き換え可能だと考えているかもしれない。だが、他の国では多くの場合、そうではない。

アメリカ合衆国は世界で唯一の「アメリカ」ではない。北アメリカ、南アメリカもある。


日付を「月」から書き始める

手帳

Shutterstock

アメリカに住んでいる人たちは一般的に、日付を書く時は「月、日、年」の順番で書く。しかし、イギリスやヨーロッパといった他の国では「日、月、年」の順番で書く。

アメリカ人にとって、この順番は奇妙に感じる。しかし、他の国の多くの人々によっては、どうして「月」から書くのか理解できない。


処方薬の宣伝をあちこちで見かける

薬

Image Point Fr/Shutterstock

Redditのアメリカ人がする一番不思議なことを尋ねるスレッドでは、多くのユーザーが処方薬の宣伝を挙げていた。アメリカにいて、一番不思議なことの1つだと思ったと多くの人たちが指摘している。

ユーザーの1人、NoDownvotesPleaseさんは「あれが自分にとっては一番不思議だった。『Xというブランドの抗鬱薬を医者に頼もう』みたいなCMがテレビで流れていたんだ。イギリスでは、医者がどんな薬を飲むべきか指示する。逆はないんだ」とコメントしている。


あちこちに国旗がある

星条旗

REUTERS/Jonathan Bachman

同じRedditのスレッドで、ユーザーたちは店から史跡、住宅まで、国旗が至る所にあるのがいかに風変りに見えるかを指摘している。


薬局でいろいろなものを売っている

薬局

Reuters

BBCアメリカは、アメリカにある薬局とヨーロッパなどにある薬局の間にはさまざまな違いがあると指摘している。

他の国の多くの人たちには信じられないことかもしれないが、アメリカでは薬局が薬もジャンクフードも売っている。そしてアメリカには、コンビニエンスストアの2倍の数の薬局がある。


甘いパンばかり食べている

パン

DmyTo/iStock

Redditのスレッドで、多くのユーザーたちはアメリカで食べるパンがいつでも甘いのが不思議だと指摘している。


「メートル」ではなく、「ヤード・ポンド」を使っている

メジャー

Reuters

アメリカは長さや重さを計測するのに、今でもヤード・ポンド単位を使っている数少ない国の1つだ。多くの国の人々が不思議に思っている。


テレビではCMが頻繁に流れる

テレビ番組

Kris Connor/Getty

アメリカでは広告がなぜこれほど多いのか、アメリカ以外の国の人々は信じられないようだ。

Redditのユーザー、WhatWouldTylerDoさんは「アメリカのことは大好き。でも、テレビ番組に差し込まれるCMだけは嫌い。一部のチャンネルだけなのかもしれないけど、30分番組に4回もCMが入る。しかも均等な間隔で入らない。番組の最後のクレジットの直前に入ることもある。それから、クレジットが流れてそのまま次の番組が始まったりもする」とコメントしている。


飲み物が買える場所ではどこでも「お代わり自由」を期待する

飲み物

successo images/Shutterstock

多くの外国人が、アメリカでは「お代わり自由」が一般的であることを不思議に思っている。多くの国では、それは当たり前ではない —— フランスは制限なしのお代わりを2017年に禁止した


便器の大量の水

バスルーム

B Brown/Shutterstock

アメリカのトイレは他の国のトイレとは明らかに違っていて、その1つが便器に入っている水の量の多さだ。

Redditのスレッドでは、あるユーザーが「真面目な話、なんであんなに多いの?!」と書いている


トイレのドアと床の間の隙間が広い

トイレ

Buckeye Sailboat/Shutterstock

多くの人が、アメリカのトイレのドアと床の間にものすごく大きな隙間が空いていることにびっくりしている。中に人がいるかどうか一目で分かるものの、この隙間は多くの国で存在しない。

これについては、Redditのスレッドでも多くのコメントが寄せられていて、ユーザーたちはこの「巨大な」隙間はプライバシーの侵害であり、本当に謎だと書いている。


歩きながら大きなコーヒーを飲んでいる

コーヒー

Shutterstock

ヨーロッパといった他の多くの国では、コーヒーはもう少し小さなサイズで消費されている。つまり、その場ですぐに飲んで、持ち帰らないということだ。

ところが、アメリカでは巨大な持ち帰り用のカップが一般的だ。他の国の人々は、これを不思議に感じている


レストランで残った料理を持ち帰る

持ち帰り

Getty Images

アメリカでは、レストランで食べ切れなかった料理を持ち帰るための箱を店員からもらうのに、躊躇する人はあまりいない。

だが、これは他の国ではものすごく不思議なことで、下品とすら見なされている。例えば、フランスでは、これはあまりにもひんしゅくを買う行為であるため、食品廃棄物を減らすためにわざわざ「持ち帰り用の袋」を許可する法律を作らなければならなかった


食事の量がものすごく多い

料理

OhEngine/Shutterstock

食べ切れないと言えば、アメリカの食事の量の多さは、他の国の人々には信じられないようだ。

これはレストランの料理やファストフード店のドリンクのサイズにも当てはまるし、食べ物以外のアイテムにも当てはまる。


あらゆるものに売上税を払っている

買い物客

Getty Images

売上税が気に入らない人は多いかもしれないが、アメリカ人は"払うものだ"と思っている。

他の国では、売上税は価格に含まれていることが多いため、レジに持って行っても価格は変わらず、アメリカではそうでないことを不思議に思っている。アメリカへ行く旅行者に、買い物をする時には売上税に気を付けるよう呼びかけるアドバイスまで存在する。


給仕係やその他のサービスのプロにチップを渡す

チップ

Anastasiya Aleksandrenko/Shutterstock

アメリカでは、チップを渡さないとひんしゅくを買う。しかし、アメリカ以外の国では、チップは想定されていない —— むしろ不作法に思われることすらある。

チップも、アメリカへ行く旅行者にしばしば告げられる注意点の1つだ。


アルコールを飲む時に赤いカップを使う

カップ

Shoshy Ciment/Business Insider

アメリカ人がいかに赤いカップをよく使っているか、他の国の人々には信じられない。中には、わざわざ赤いカップを使って「アメリカン・パーティー」を開く人たちもいる。


ビーチで水着を着る

ビーチ

iStock

ヨーロッパなどの一部の国では、ビーチでトップレスでいるのは普通だと考えられている。

実際、アメリカを旅行で訪れた人たちが公共の場では水着を着用し続けるよう注意されることも多い。


大学へ行くために借金をする

大学生

Getty Images

アメリカでは大学へ通うのにものすごくお金がかかるため、学生は学位を取るために借金をすることが多い。しかし、多くの国は大学教育を無料で提供していて、アメリカ人が大学教育に大金をつぎ込んでいることが信じられない。


ベビーシャワーをやる

ベビーシャワー

Jeneil S/Getty Images

ベビーシャワーはアメリカの楽しい習慣だ。ただ、これは多くの他の国にもある習慣ではない。アメリカ以外では、不思議、失礼、興味がないと考える人たちもいる。


ほとんど休暇を取らず、働きづめ

仕事

Shutterstock/beeboys

アメリカ進歩センター(CAP)の調査によると、アメリカは先進国の中で最も"働き過ぎ"の国だ。

他の国の人々の中には、アメリカ人の働きぶり、長時間労働、ランチをデスクで食べること、休暇を取らないことが信じられないという人たちもいる。国によっては、6週間の有給休暇を与えることが当たり前となっているところもある。アメリカではそれはあり得ない

[原文:23 things that are considered 'normal' in the US but that the rest of the world finds weird

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

オンライン化

「ハイリスクハイリターン」な民間出身者が公教育を変えられる理由

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jun. 22, 2021, 11:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み