コインベース、サンフランシスコの旧本社オフィスを閉鎖へ…「仕事の成果は場所ではなく、能力と結果で決まる」

コインベースの創業者兼CEOのブライアン・アームストロング。2019年5月15日撮影。

コインベースの創業者兼CEOのブライアン・アームストロング。2019年5月15日撮影。

Steven Ferdman/Getty Images

  • コインベースは2022年にサンフランシスコにある旧本社を閉鎖すると発表した。
  • 同社はすでに、分散化計画の一環として、その場所を通常のオフィスに格下げしている。
  • この決定は、仕事の成果が場所ではなく、能力と結果に基づいていることを意味する、とコインベースは述べている。

仮想通貨取引プラットフォームのコインベース(Coinbase)は2月、分散型企業になるという計画を推進するためにサンフランシスコ本社を通常のオフィスに格下げすると発表した。同社は現在、そのオフィスを完全に閉鎖しており、同時に「リモート・ファースト」戦略を推進している。

そして同社は5月5日(現地時間)、2022年にサンフランシスコのオフィスを閉鎖すると発表した。

コインベースは、リモート・ファーストになることを宣言している。先ごろ本社をなくしたことを発表したが、次のステップとして、2022年にサンフランシスコのオフィス(旧本社)を閉鎖する。

「我々は本社を持たないと宣言している。分散型の従業員に対して、ある場所が他の場所よりも重要でないことを示すのが重要だ」と同社はツイッター(Twitter)で述べた。

さらに「サンフランシスコ・オフィスの閉鎖は、どのオフィスも非公式な本社とならないようにするための重要なステップだ。仕事の成果は場所ではなく、能力と結果に基づいて決定される」と付け加えている。

そしてその代わりに、従業員には「必要に応じて仕事ができる」小規模オフィスのネットワークを提供するという。

企業が従業員を自宅で永続的に働けるようにする機運が高まっている。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み