もう一度やりたい? 時計なしで過ごした40日間の洞窟生活を経験者が振り返る

洞窟

15人のボランティアたちは40日間をフランスのロンブリーブ洞窟の中で過ごした。

Bruno Mazodier/adaptation-institute.com/Insider

  • 通常の時間管理なしで人間はどう生活できるのかを調べるため、15人の人々が40日間を洞窟の中で過ごした。
  • チームリーダーは4月に終了したこの"実験生活"について、Insiderに語った。
  • Insiderの取材に、洗濯をするには湿度が高過ぎたこと、電気は発電機につないだ自転車で作っていたことなどをチームリーダーは明かした。

4月24日(現地時間)、フランス南部にある洞窟から15人のボランティアたちが出てきた。時間の経過を知る手段を意図的に排除し、彼らは40日間を地下で過ごしてきたのだ。

ディープタイム」と呼ばれるこの実験は、時間を計る手段を排除することで人間のからだ、こころ、社会的交流にどのような影響があるかを評価するために、数多くの測定結果をもたらした。

Insiderでは、今回の実験のチームリーダーであるクリスティアン・クロット(Christian Clot)さんに話を聞いた。クロットさんが明かした洞窟内での生活とは、どんなものだったのだろうか?

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

オンライン化

「ハイリスクハイリターン」な民間出身者が公教育を変えられる理由

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jun. 22, 2021, 11:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み