イタリアの国会議員が「ジェラート保護法案」を提出…人工的な原材料や空気の注入を禁止

ジェラート保護法案を検討中

店頭のジェラート。

Grant Faint/Getty Images

  • イタリアの6人の国会議員が、昔ながらのジェラートを守る法案を提出した。
  • この法案が成立すれば、ジェラート製造業者は人工的な原材料の使用が禁止される。
  • さらに、ふわっとした食感にするためよく使われるといわれる空気の注入も禁止される。

欧州連合(EU)は、新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した人を対象に観光受け入れを再開する予定で、イタリアの都市やそこにあるジェラートショップは人気の目的地になるだろう。

だが、イタリアの議員が同国を象徴するデザートを保護するための法案を提出したことで、ジェラートは若干変化するかもしれない。

テレグラフ(Telegraph)によると、イタリアの中道左派政党である民主党とイタリア・ビバの議員6人が作成した法案は、イタリアのジェラート製造業者に対して、牛乳や乳製品、卵、新鮮な果物以外の原材料の使用を違法とするものだ。

同サイトによると、人工的な着色料、香料、油脂を使用するジェラートは、商品に「artisanal(職人技の)」と表記することができない。違反した場合は、最大で1万ユーロ(約132万円)の罰金が科せられる。

ジェラート保護法案を検討中

イタリアのベネチアで、運河を背景に。

Eloi_Omella/Getty Images

またこの法案は、ジェラートを軽くふわっとした食感にするテクニックである空気の注入についても禁止している。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

オンライン化

「ハイリスクハイリターン」な民間出身者が公教育を変えられる理由

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jun. 22, 2021, 11:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み