道路を走りながら充電…電気自動車の航続距離を飛躍的に伸ばす研究、米コーネル大学で

電気自動車の充電。

充電中の電気自動車。

Jackyenjoyphotography/Getty Images

  • 米コーネル大学の研究者は、走行しながら電気自動車の充電ができる技術を開発している。
  • ハイウェイに金属板を埋め込み、その上を車が走ることで充電ができるというものだ。
  • この技術が実用化されるのは5年ほど先になるが、すでにほとんどの電気自動車に電力を供給できる状態にある。

もし、運転中に電気自動車を充電できるとしたらどうだろう。

米コーネル大学の研究者らは、まさにそれに取り組んでいる。電気自動車の普及を阻む大きな要因である航続距離と充電設備の可用性の課題解決に向けて技術開発を行っているのだ。

コーネル大学の電気・コンピュータ工学の准教授であるクラム・アフリディ(Khurram Afridi)は電気自動車の走行中に充電できる技術を研究しており、アメリカの道路にワイヤレス充電インフラを埋め込むプロジェクトに取り組み始めて7年になる。

「ハイウェイに充電用車線が設置されるようになるだろう。カープールレーン(多人数が乗車する車両のみ走行可能な車線)のようなものだ」とアフリディはInsiderに語っている。「ドライバーはバッテリー容量が減ったら、充電用車線に移動して充電する。サービス提供者はどの車がその車線に入ったかを識別し、後からユーザーに請求書を送ることもできるようになるだろう」

このプロジェクトで開発された技術が主要道路に導入されるまでには、あと5年から10年かかるようだが、充電スタンドを探すことやバッテリー切れに対するドライバーの不安を解消するには、ワイヤレス充電が最良の方法だとアフリディは考えている。

現在、アメリカでは約180万台の電気自動車が走っているが、公共の充電設備は約4万1000カ所の充電スタンドに約10万個の充電プラグがあるだけだ。ジョー・バイデン大統領は、今後10年間で50万個のプラグを新設すると公約しているが、この目標を達成するのは難しいと言う専門家もいる

カリフォルニア大学デービス校の最近の研究によると、電気自動車の所有者の5人に1人が、充電スタンドを探す煩わしさのために、ガソリン車に乗り換えていることが分かった。また、JDパワー(JD Power)のデータによると、航続距離に対する消費者の不安が、電気自動車を売り出すに当たっての大きな障害となっている。

アフリディは「電気自動車を普及させる唯一の方法は、ガソリン車と同じように簡単に燃料を補給できるようにすることだ」と述べている。

「この技術(ワイヤレス充電)があれば、電気自動車はこれまでよりも制約が少なくなるだろう」

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

オンライン化

「ハイリスクハイリターン」な民間出身者が公教育を変えられる理由

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jun. 22, 2021, 11:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み