無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


収入4倍、生産性アップ、天職…「コーチング」の効力をビジネスパーソン3人が語る

キャリアコーチング

キャリアコーチングを受けると、自分でも気付いていなかった仕事上の弱点を見つけることができる。

Westend61/Getty Images

コーチを必要とするのはアスリートだけではない。

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツは2013年のTEDトークで、仕事や興味に関わらず、すべての人にはフィードバックをしてくれるコーチが必要だと話した。

キャリアアップのために他者のサポートを必要と考える人が増えるとともに、コーチングの市場規模も拡大している。国際コーチ連盟の報告によると、コーチングの専門家は2019年で7万1000人と2015年から33%増だった。

また、2016年のマッキンゼーの報告によると、それぞれの社員がモチベーションの源泉を自覚することで、自身の役職に対する満足度は46%増、仕事への貢献度が32%増となった。

2018年、世界最大手の国際技能資格発行組織シティ・アンド・ギルズグループは、イギリスのプロフェッショナル1000人以上を対象に、仕事に関するコーチングを受けた経験について調査した。

この調査では、コーチングによって現在の役割で生産性が向上し、昇進に向けてより良いポジションにつく能力が身に付いたことが分かった。

実際、コーチングには投資するだけの価値がある。コーチを雇ったことで収入が大幅にアップしたプロフェッショナルは少なくない。

そこでInsiderは、コーチを雇って昇進と収入アップを果たした3人のシニアレベルのプロフェッショナルたちに取材を行った。本稿では、彼らが語ったコーチングの価値について紹介する。

本当にやりたかったCEOに就き、収入4倍に

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み