無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ソフトバンクと資本提携した東大ベンチャー「WOTA」とは? “水循環型”超節水技術に強み

DSC_3624-1

WOTAが開発したポータブル手洗いスタンド「WOSH」。2020年9月、銀座で撮影。

撮影:横山耕太郎

20リットルの水を循環させ、500回の手洗いができる「超・節水」のポータブル手洗い機などを開発した東大発のベンチャー、WOTA(ウォータ)とソフトバンクは5月10日、資本・業務提携を結んだと発表。同社の水循環型ポータブル手洗機「WOSH」(ウォッシュ)を同日から販売開始した。

WOTAはボックス型の浄水システムなども販売。今回の業務提携により、ソフトバンクが代理店となり全国の自治体や企業に手洗い機や浄水システムを販売するほか、ソフトバンクの通信技術の基盤を、商品のサポートにも生かすという。資本提携によるソフトバンクの出資額は非公開。

被災地で活躍する浄水技術

DSC_3583

内部のフィルターで水を浄化するWOTA BOXについて説明する前田瑶介社長。

撮影:横山耕太郎

WOTAは2014年に設立されたベンチャー企業。2019年11月、センサーとAI、フィルターを駆使して水質を自動的に判断し、浄水する持ち運び可能な浄水システム「WOTA BOX」を販売した。

WOTA BOXは2020年7月の熊本豪雨の際、避難所のシャワー施設で活用された。1人用の浴槽の約半分にすぎない100リットルの水で、100人分のシャワーが浴びられたという。WOTA BOXはこれまでに13自治体20避難所で導入実績がある。

また新型コロナの感染拡大を受け、2020年7月には水循環型ポータブル手洗機「WOSH」を開発。銀座のデパートなどに設置され、一部報道によると2020年12月末時点で4000台以上の予約があったという。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み