航空機を音声で操縦する技術を開発中…空飛ぶタクシーは乗客が指示を出すようになる

エアバスA350-1000(XWB)のコックピット

エアバスA350-1000(XWB)のコックピット。

Thomas Pallini/Business Insider

  • ハネウェル・エアロスペースの研究者とエンジニアは、音声で操作できる航空機システムの開発に取り組んでいる。
  • パイロットが指示を出し、バーチャルアシスタントにタスクを実行させることで、パイロットの負担を軽減させることができる。
  • 「航空機の完全自律飛行」に向けた新たな一歩であり、専門家は2050年までに実用化されると予測している。

「ヘイSiri、ロサンゼルスまで」

音声制御技術は絶え間ない進化を続け、今ではアップル(Apple)のSiriやアマゾン(Amazon)のアレクサ(Alexa)が消費者の日常生活に溶け込んでいる。それと同じように、ある企業は航空機に音声制御を取り入れようとしている。

ハネウェル・エアロスペース(Honeywell Aerospace)のエンジニアと研究者は現在、パイロットが音声コマンドで飛行機を操縦できるシステムの開発に取り組んでいる。

コックピット内の自動化をさらに進め、パイロットの負担を軽減しようという試みだ。無線周波数を合わせたり、ある方位へ旋回したりといった簡単な指示をパイロットが音声で行えるようになるだけでなく、天候調査などの面倒で時間のかかる作業に費やす時間を減らすこともできる。

ハネウェル・エアロスペースのアビオニクス(航空電子機器)担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めるヴィプル・グプタ(Vipul Gupta)はInsiderに、「(ノースカロライナ州)シャーロットの天候と、ルート上の重要な天候を教えて」などの音声コマンドが、パイロットの負担軽減につながると語った。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

オンライン化

「ハイリスクハイリターン」な民間出身者が公教育を変えられる理由

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jun. 22, 2021, 11:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み