裕福なミレニアル世代が旅行業界の救世主…パンデミックで貯めたお金を豪華旅行に

アフターコロナの旅行ブームは裕福なミレニアルがけん引

高所得のミレニアル世代は、すでに豪華旅行の予約を始めている。

DaniloAndjus/Getty Images

  • 高所得のミレニアル世代が旅行業界の回復を牽引しそうであることが、アクセンチュアとトリップアドバイザーの調査でわかった。
  • 彼らはパンデミックで貯めたお金を旅行に使う可能性が高く、すでに多くが豪華旅行の予約を始めている。
  • 景気回復のためには富裕層が消費する必要があり、これは経済にとって良い兆候だ。

裕福なミレニアルは、チケットの予約と荷づくりに忙しい。

アクセンチュア(Accenture)とトリップアドバイザー(TripAdvisor)が、1000人のアメリカ人を対象に行った最新の調査によると、高所得(年収10万ドル以上)のミレニアル世代がアフターコロナの旅行ブームを牽引し始めている。この層は5000ドル以上かかる豪華旅行に行く人の割合が全世代の中で最も高く、2021年の旅行に大金を使うと見られている。

高所得のミレニアル世代は、セルフケアやリラクゼーションを求めて、すでに37%が豪華旅行を予約したか、計画している。また、32%が2021年は旅行費用を増やす予定だと答えており、これは全世代平均の2倍近い割合だ。

実際にこの調査で、高所得のミレニアル世代はパンデミックで貯めたお金を旅行に使う可能性が高いとわかった。旅行のような体験にお金をかけることを好み、2020年のロックダウン期間には月に最大3000ドルを貯めたこの世代ならではの傾向だ。

ロックダウンの1年を経て、彼らはより遠くの地での長い逗留を求めているようだ。調査リポートは「若い旅行者は、国内外を問わず、遠くのビーチ、都市、クルーズなどを目指している」と指摘している。

豪華旅行への支出は、経済にはプラス

高所得のミレニアル世代が旅行消費に支出することは、復活を目指す旅行業界にとってはの喜ばしい傾向だ。週を追うごとに旅行の予定を立てるアメリカ人が増えているが、これは埋める必要のある経済の穴だ。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

オンライン化

「ハイリスクハイリターン」な民間出身者が公教育を変えられる理由

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jun. 22, 2021, 11:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み