無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


自動運転宅配「ニューロ」が収益化を実現する最有力候補と言える理由。トヨタ子会社ファンドも太鼓判

prime_autonomous_nuro

自動運転配送サービスの開発を進めるニューロ(Nuro)は、収益化実現にいち早くたどり着くスタートアップとの評価を受けている。

Nuro

順調に資金調達を進め、他社がうらやむほどの優良企業を味方につけたニューロ(Nuro)は、いま自動運転分野で最も注目を集めるスタートアップ企業の1つだ。

グーグルの自動運転開発プロジェクト(現在のウェイモ[Waymo])の初期メンバー2人が設立した同社は、自動運転システムを搭載した配送車両の開発を進めている。食料品、処方せんなど多様な商品の宅配を実現しつつ、将来的には配送料をゼロにすることを目標としている。

ニューロは2016年創業。小売り大手のウォルマート(Walmart)、ドラッグストア大手のCVS、宅配ピザ大手のドミノ・ピザと提携し、実証実験を続けている。これまでに15億ドル(約1600億円)を調達し、評価額は50億ドル(約5400億円)に達する。

Insiderは、ニューロに出資する米資産運用ベイリーギフォード、米投資銀行グレイロック・パートナーズ、トヨタ傘下のウーブン・キャピタルの3社に、出資した理由を聞いた。

回答は次のようなものだった。

大きなチャンスをつかむため、狭い領域にフォーカス

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み