新鮮な卵だけが目当てじゃない? コロナ禍でレンタル鶏が大人気

鶏

コロナ禍で趣味として鶏を飼うことへの人気が高まっている。

HenPals

  • パンデミックが始まって以来、"レンタル鶏"に興味を持つ家庭が増えた。
  • イギリスでは鶏のレンタルに関する検索数が急増し、アメリカの養鶏会社は需要の急増に直面している。
  • 鶏は卵を産むだけでなく、ふれあいや喜びを与えてくれる存在だと、レンタル業者は話している。

イギリスのケント州のある家庭の裏庭には、「マーサ」と「ミセス・アンダーバイト」という2羽の鶏がいる。彼らはパンデミックの間、飼い主であるクルックさん一家にとって、思いがけない喜びをもたらした。

毎朝、卵を見つけたり、娘のオリーブちゃん(3)が鶏を抱っこしているのを眺めたりと、一家はロックダウンの最中でも鶏たちと楽しく過ごしてきたと、父親のジェームズさんはInsiderに語った。

鶏に関心を寄せるようになったのは、ジェームズさんだけではない。

ペット可のアパートを貸しているエッセンシャル・リビング(Essential Living)の担当者は、2020年3月から2021年3月の間に、イギリスで"レンタル鶏"への関心が900%高まったとInsiderに語った。ナショナルジオグラフィックによると、アメリカでは、鶏のレンタル料を2倍にした企業もあるという。

レンタル業者によると、鶏は新鮮な卵を産むだけでなく、飼い主に笑顔をもたらし、コロナ禍で大いに必要とされていた気晴らしにもなっているという。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

オンライン化

「ハイリスクハイリターン」な民間出身者が公教育を変えられる理由

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jun. 22, 2021, 11:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み