100万契約突破の“ahamoショック”の影響は? NTTからドコモへの高まるプレッシャー

NTTロゴとNTTドコモロゴ

NTTは2020年通期決算を発表した。

REUTERS/Denis Balibouse

NTTは5月12日、2020年度連結決算を発表。最終益は9162億円(前年比7.1%増)だった。営業収益(売上高に相当)が同0.4%増、営業利益は同7%増で、営業収益と当期利益は過去最高を更新した。

内訳としては、コロナ禍の中で海外売上高が減少し、NTTドコモの端末販売も減少する中で、ドコモのスマートライフ領域や国内のシステムインテグレーション事業などの増収で、マイナス要因をカバーした形だ。

100万契約突破の“ahamoショック”の影響は?

NTTドコモの井伊基之社長

NTTドコモの井伊基之社長。

出典:NTT

伸びた領域、後退した領域の双方を抱えるドコモだが、「成長の要」(ドコモ井伊基之社長)である金融・決済事業をはじめとしたスマートライフ領域をさらに強化する。

また、月間20GBのオンライン専用プラン「ahamo(アハモ)」を成長させることで顧客基盤を拡大し、端末販売の拡大やコンテンツなどの利用促進につなげたい考えだ。

ahamo

月額2970円(税込)のahamo。

撮影:小林優多郎

ahamoは、事前申し込みで250万エントリーを超え、3月26日のサービス開始以降に実際に契約した契約数は、4月末で100万を突破。税込で3000円を切る価格で20GBの月間データ容量と1回あたり5分間の無料通話が含まれるプランとして、ユーザー数を順調に伸ばしている。

「既存のドコモ契約者の移行の方が多い」(井伊社長)ものの、KDDIやソフトバンク、楽天モバイルなどからのMNP※1による移行もあり、いったん他社に流出した元ドコモユーザーが再契約する例もあって、「期待通り戻ってきてくれた人も一定程度いる」(同)という。

※1 MNPとは:
Mobile Number Portability(携帯電話番号ポータビリティー)の略称で、携帯電話番号を維持したまま、他社へ移行できる制度のこと。

ahamo

ahamoは100万契約を突破した。

出典:NTTドコモ

また、ドコモ内での移行では従量制のギガライトでデータ容量が足りなかった人がahamoに切り替えたり、ギガホが過剰だった人がahamoにダウングレードしたりと、「ニーズに合った料金プランへのリバランスが起きた」(同)という。

今まで20GB程度の中容量プランがなかったことで流出したユーザーが戻ってきたことで、4月のMNPはプラスになったという。「(他社流出による)マイナス癖が付いていたのが元に戻せた。ただ、まだ楽観視はできない」と井伊社長。

4月にはさらに大容量の新料金プランとして「ギガホ プレミア」を提供開始。大容量プランの値下げになったことで、今期の減収要因となる。それに対してドコモは、5Gの契約数を2021年度末には1000万契約まで拡大して、データ利用増による収益増を狙う。

5Gの促進

5Gエリア拡大と効率化を急ぐ。

出典:NTTドコモ

さらに、ネットワークも2021年度中には5Gの真の実力を発揮できるSA(Stand Alone)のサービスを開始。4Gの設備投資効率化、3G契約者のマイグレーション(移行)も加速させることでコストを抑制、減収をカバーする。

その他の減収要因としては、MVNO※2向けの音声卸、データ接続料金値下げもある。こうしたことから、今後は好調な非通信分野であるスマートライフ領域や法人事業での増収増益を図る考えだ。

※2 MVNOとは:
自社で通信設備を持たず、MNOから借り受け事業を展開する仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)のこと。格安SIM事業者などと表記される場合もある。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

tmb_af_46.001

純利益5兆円のソフトバンクG。「会計上の変更」でダンジョン化した損益計算書を読み解く

  • 村上 茂久 [株式会社ファインディールズ 代表取締役]
  • Jun. 23, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み