無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


めったに見られない2つのシグナルは強気相場を呼ぶ…「S&P500」の上昇をアナリストが予測

株式市場

Reuters / Andrew Kelly

  • ファンドストラットのアナリスト、トム・リーは、滅多に見られない2つのシグナルが揃ったことで、強気相場をもたらすだろうと述べている。
  • 市場の恐怖指数である「VIX」は2日間で40%も急上昇し、「NYSE Tick Index」は2021年の最低水準まで急落した。
  • 過去のデータによると、VIXが急上昇すると「S&P500指数」も数カ月にわたって上昇する傾向があるとリーは言う。

ファンドストラット(Fundstrat)のトップアナリスト、トム・リー(Tom Lee)によると、株式市場の不安感を表す2つのシグナルの最近の動きは、市場に大規模な利益をもたらすものだという。

5月12日朝に公開したリポートでリーは、めったに起こらない2つのイベントが2021年5月11日に発生したことについて詳細を記し、それらは強気相場になるシグナルであることを説明した。

1つ目は、「恐怖指数」と呼ばれるVIX指数が、10日と11日の2日間で40%も急騰したことだ。リーによると、このようなことは1990年以降、20回しか起きていない。

2つ目は、ニューヨーク証券取引所のティック・インデックス(NYSE Tick Index:アップティック銘柄数からダウンティック銘柄数を引いた値を毎秒計測した指標)が、11日には取引開始直後に多くの売りが発生したことで史上最低となるマイナス2069まで急落したこと。これまでにマイナス1800を割り込んだのはわずか10回だけだという。

リーは、これらの出来事は市場のパニックを示していることから、強気相場となるシグナルとみなすことができると述べている。このパニックは、投資家のスタンレー・ドラッケンミラー(Stanley Druckenmiller)の連邦準備制度理事会に関する警告や、マージンコール、あるいは単に「相場の下落」に関連している可能性があるという。

「多くの投資家は、5月11日のNYSE Tick Indexの急落やVIXの急上昇をネガティブなサインと見るかもしれないが、意外にもこれらは強気のシグナルだ」とリーは言う。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

矢澤麻里子

働きすぎるのが怖い。「VCとしては尊敬できるけど、奥さんじゃない」と突きつけられた離婚【矢澤麻里子3】

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jul. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み