客からの嫌がらせや暴力、そして低賃金… 小売業界で働く人たちの異業種への転職が増えている

スターバックス

Kim Hong-Ji/Reuters

  • 小売業界を去る人々が増えている。他業界で採用が増えていることも追い風となっている。
  • サービス業界の低賃金は、要求の多い客に見合わないと語る人たちもいる。
  • 商品管理やその他の仕事へ移った人たちもいる。

低賃金と扱いが面倒な客から解放されようと、アメリカでは小売業界や飲食業界を去る人たちが増えている。他業界で採用が増えていることも、新たな職種に移る追い風となっている。

新型コロナウイルス対策の規制が緩和され、経済活動が徐々に再開する中、レストランや店は人員を増やして、通常営業に戻ろうとしている。多くの企業にとって、採用は簡単ではない。募集をかけても人が集まらないという。そして、小売店や飲食店は、転職を望む従業員を思いとどまらせようと必死だ。これが業界の人手不足をさらに悪化させている。

募集をかけても人が集まらず、多くの従業員が転職先を探している中、スターバックスではどのようにして人員を確保しているのか、Insiderは各地の店舗で働く複数のスタッフに話を聞いた。

今もスターバックスで働いている人の中には、よりよい仕事を探そうとする中で、スターバックスの手当が縛りになっていると話す人もいる。ジョージア州アトランタにあるスターバックスのシフト責任者は、この仕事に就いてから2年が経って、自分は「"黄金の手錠"でこの仕事に縛り付けられている」ように感じるとInsiderに語った。女性は会社が提供する保険を当てにしていたからだ。

「この仕事は嫌いですが、医者が必要なので身動きが取れません」と女性は話している。

多くの業界で人手が不足していることは、新しい仕事を突然、探し回れるようになった小売業界で働く一部の人々にとっては朗報だ。スターバックスで働くマネジャー職の女性は、もうすぐ今の2倍稼げるヘルスケア業界の営業職に転職するという。会社からの手当もさらに手厚いという。

「文字通り1日で、今よりもいい仕事が見つかりました」と女性は話した。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

オンライン化

「ハイリスクハイリターン」な民間出身者が公教育を変えられる理由

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jun. 22, 2021, 11:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み