サントリー、ユニ・チャームも挑戦の「水平リサイクル」って?

プラスチックゴミ

ゴミ問題や石油資源を大量消費している課題から、脱プラの流れが加速している。

Shutterstock/Nokuro

ここ数年、海洋プラスチックごみなどをはじめとしてプラスチック製品による環境汚染が問題視され、各企業がプラスチックストローを紙製のストローに変えるなどの「脱プラスチック化」を進めている。

ただし、私たちの生活に使われるあらゆる製品は、限りある資源を元に作られている。プラスチックの消費量が減る一方で、紙などの原材料の消費が過剰に加速してしまうことも好ましくない。

重要なのは、限りある資源を効率よく活用していくこと。つまり、プラスチックをはじめとした資源の「リサイクル」だろう。

近年、リサイクルの中でも、「もとの製品と同じもの」にリサイクルする「水平リサイクル」の重要性が再認識されている。

「ペットボトルをペットボトルに」再利用するサントリー

ペットボトル

伊右衛門とGREEN DA・KA・RAでは、一部、再生ペットボトルを使っている。ただし、ペットボトルやパッケージを見ても、その商品が再生ペットボトルでできたものなのかは判別できない。

撮影:三ツ村崇志

飲料大手のサントリーは、2011年に国内飲料業界で初めてペットボトルをペットボトルとして再利用する水平リサイクル、いわゆる「ボトルtoボトル」のシステムを構築した。

使用済みのビール瓶を洗って使い回す、「リユース」とは違い、「水平リサイクル」では、回収したペットボトルを溶かして「ペレット」と呼ばれるプラスチックの粒にしたあと、再びペットボトルを作る。

水平リサイクルを経たペットボトルが使われている割合は、現状では世界で1~2割程度。サントリーでは「GREEN DA・KA・RA」や「伊右衛門」などのペットボトル飲料の26%でリサイクル素材100%のペットボトルを使用している(2020年実績)。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

tmb_af_46.001

純利益5兆円のソフトバンクG。「会計上の変更」でダンジョン化した損益計算書を読み解く

  • 村上 茂久 [株式会社ファインディールズ 代表取締役]
  • Jun. 23, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み