無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「ビットコインは金より環境に優しい」…マーク・キューバン、NBAマーベリックスの暗号通貨受け入れを継続

マーク・キューバン

マーク・キューバン

AP Photo/David J. Phillip

  • マーク・キューバンは、彼が所有するNBAのダラス・マーベリックスは引き続き暗号通貨によるチケットやグッズの購入を受け入れると述べた。金の採掘よりも環境に与える影響が少ないという理由からだ。
  • これに先立って、テスラが環境問題を理由にビットコインによる支払いを停止すると発表していた。
  • 暗号通貨ブームの今、その環境への影響について熱い議論が交わされている。

テスラ(Tesla)のイーロン・マスク(Elon Musk)CEOが、同社の車両販売におけるビットコインの受け入れを停止すると発表したことを受け、ビリオネアの投資家、マーク・キューバン(Mark Cuban)は5月12日(現地時間)のツイートで、暗号通貨は金よりも環境に優しい資産の保管方法であると主張した。

彼はまた、自身がオーナーを務めるNBAのダラス・マーベリックスが、チケットやグッズの販売において、ビットコイン、ドージコイン、イーサリアムによる支払いを引き続き受け付けると述べた。

「資産の保有のために金に代わるものを用いることが、環境保全に役立つと考えている。そして大きな銀行や(従来の)貨幣の利用を縮小することが、社会や環境にとっての利益となるだろう」

彼はさらに、金の保管やビットコインのマイニングが環境に与える影響に関する研究を紹介している。それらの研究は、金の採掘は環境コストが高いこと、ビットコインの採掘プロセスで使用されるエネルギーのほとんどは再生可能エネルギーであることを主張している。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み