「エバーギブン」の失敗を繰り返さない! エジプト、スエズ運河の拡張工事を計画

エバーギブン

スエズ運河で座礁した大型コンテナ船「エバーギブン」(2021年3月27日)。

Kristin Carringer/Maxar

  • スエズ運河庁は、スエズ運河の幅と深さを拡張する計画だ。
  • 3月に座礁した大型コンテナ船「エバーギブン」のような失敗を繰り返さないためだという。
  • 幅を約40メートル、深さを約10メートル拡張する計画だという。

エジプトのスエズ運河庁(SCA)は先週、3月に座礁した大型コンテナ船「エバーギブン」のような失敗を繰り返さないために、スエズ運河の幅と深さを拡張する考えを示した。ブルームバーグが報じた。

SCAのラビア長官は5月11日(現地時間)、船の移動性を向上させるために、スエズ運河の幅を約40メートル、深さを約10メートル拡張すると述べた。

拡張工事には2年ほどかかるという。

ブルームバーグによると、エジプトのシシ大統領はこのプロジェクトに「巨額の」公的資金を使いたくないと強調したという。

人工海面水路のスエズ運河は、世界で最も利用者の多い海上交通路の1つで、世界全体の貿易の約12%を手助けしている。

日本の正栄汽船が所有するエバーギブンは3月、砂嵐に巻き込まれて座礁し、大きなニュースとなった

エバーギブンは6日間にわたって航路を塞ぎ、多くの船がその離礁を待たなければならなかった。航路変更を余儀なくされた船もあった。

離礁から数日後、SCAはエバーギブンを差し押さえて、賠償金9億1600万ドル(約1000億円)を要求した

SCAはその後、賠償金を6億ドルに減額した。しかし、エバーギブンの保険会社は、それでもまだ高過ぎるとしている。

エバーギブンは3月に座礁した場所から30マイル()ほど離れたグレートビター湖に停泊している。

[原文:The Suez Canal will be widened by 131 feet to avoid a repeat of the Ever Given chaos, authorities say

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

オンライン化

「ハイリスクハイリターン」な民間出身者が公教育を変えられる理由

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jun. 22, 2021, 11:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み