無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


半導体チップ不足、2023年まで続く可能性…メーカーは生産体制を増強も、需要の伸びに追いつけない

半導体製品の設計・開発を目的とした研究作業で、インターフェースボードに半導体を組み込む様子。北京、清華紫光集団研究センター。

半導体製品の設計・開発を目的とした研究作業で、インターフェースボードに半導体を組み込む様子。北京、清華紫光集団研究センター。

Reuters

  • 半導体は、ノートパソコンから電球に至るまであらゆる製品に利用され、ますます重要な部品となっている。
  • しかし、需要の急増と供給の混乱により、さまざまな業界で半導体チップ不足が深刻化している。
  • 業界のリーダーやアナリストたちは、少なくともあと1年はこの状態が続くと予測している。

半導体チップは、今ではほとんどすべてのものに搭載されている。

フォレスター・リサーチ(Forrester Research)のグレン・オドネル(Glenn O'Donnell)副社長は「プラグやバッテリーが付いているものであれば、おそらくたくさんのチップが使われているだろう」と述べている。

自動車メーカーを悩ませている世界的なチップ不足の影響は、ハイテク製品を製造または使用しているほぼすべての業界に波及している。

特に、クラウドコンピューティングの隆盛や暗号通貨のマイニングブーム、ドアホンから食器洗い機に至るあらゆる製品へのスマート機能の搭載などが、半導体チップ産業の「ゴールドラッシュ」につながっているとアナリストは指摘している。

しかし、需要が急増しているにもかかわらず、いくつかの要因が重なって供給が逼迫しており、業界のリーダーやアナリストは、深刻なチップ不足が2023年まで続く可能性があると指摘している。

IBMのジム・ホワイトハースト(Jim Whitehurst)社長は、「チップ不足にまつわるすべての問題を解消できるだけの体制が整うには、あと2年はかかる」とBBCに語った。IBMは、世界の主要なチップメーカーにマイクロプロセッサー技術のライセンスを供与している。

2021年5月4日、ドイツのチップメーカー、インフィニオン(Infineon)のラインハルト・プロス(Reinhard Ploss)CEOは、業界がこのような状況になったのは初めてだが、通常の状態に戻るまでに2年かかるというのは「長すぎる」とCNBCに語っている。

より楽観的な見通しを立てている企業もある。半導体メーカー最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は、2022月6月には自動車産業の需要に追いつく見込みであると述べ、シスコ(Cisco)のチャック・ロビンズ(Chuck Robbins)CEOは、2021年後半には不足が解消されるだろうとBBCに述べた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み