無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


M1搭載iMac最速レビュー:テレワーク向きZoom性能、M1の「速さ」を検証する

the-new-imac0-1

撮影:伊藤有

アップルが進める自社設計半導体「M1」搭載Macの第2弾となる、M1搭載iMacが登場した。正式には5月21日から出荷が始まる。今回、一足早く手元にやってきた実機を5日ほど使うことができた。

新しくなったデザイン、アップルが胸を張る「ビデオ会議性能」はどこまで実用的なのか、検証してみよう。

1. デザイン一新、プロダクトデザインとしての「発見」も

the-new-imac0-4

化粧箱から出した直後。iMacは24インチ、背後の液晶は35インチのウルトラワイド液晶。

撮影:伊藤有

新型iMacの「新鮮味」は、一新されたデザインにある。最大7色が選べるカラバリの多さは、アップルの自信を物語っている(一般に、カラバリが増えるほど在庫管理が難しくなるため、色数が多いモデルは売り切るだけの自信がなければ作れない)。

とはいえ、手元にきたのは本体色シルバー、つまりもっともコンサバなカラー選択のモデルだ。実はホームオフィスに置くなら一番落ち着いたモデルを、と思っていたので、個人的にはこれがよかった。

magsafe

新型iMacの特徴の1つ、磁石で吸着する電源端子。これ1本で、電源供給と、有線LANの接続も兼ねる。

撮影:伊藤有

the-new-imac0-7

本体とは別体の電源アダプター。右に見えるのが有線LAN端子だ。

撮影:伊藤有

もっとも、いったん設置してしまうと、ボディーの色を自己主張する部分はそれほど多くはない。

液晶周辺は全モデル白で統一されていて、一番目立つのは液晶下部の、いわゆる「アゴ」の部分のみ。とはいえ、それなりの面積があるから、「無難にシルバー」という選択肢も全然アリだと思う。

the-new-imac-2

M1搭載の新型iMac。左に置いているのはM1搭載MacBook Air。画面サイズの違いがよくわかる。前面は1枚ガラスで、一面がつるっとした素材感になっている。

撮影:伊藤有

アップルのプロダクトデザインへのこだわりは一貫しているが、iMacでも日常づかいで「おっ」と思わせられる部分があった。

キーボードをスタンド部分に置くと、奥行きがちょうどぴったり。こういう設計に「たまたま」などはないわけで、使わないときに「ここに片付けてね」というデザイナーのメッセージなんだろう。

the-new-imac0-11

このとおり、付属キーボードはぴったりとiMacのスタンド部分の上に収まる。

撮影:伊藤有

これから買う人向けの情報としては、iMacの前面全体がガラスで覆われていることによる「質感」は、ちょっと想像と違う可能性がある部分だ。たとえばシルバーの場合、もっとギラギラした金属っぽさを全面に押し出した「シルバー」なのかと思ったら、どちらかというと「グレー」っぽい、優しい色に感じる。

特に下記のようなカラバリ写真を見て「濃い色」をイメージしている人は、アップルストアなどで実機を見ておいたほうが良いかもしれない。

iMacのカラーバリエーション

出典:アップル

一方、背面はいつものギラっとしたシルバー。こちらが実機を見る前のイメージに近かった。

the-new-imac-7

背面は、見慣れたMacらしいアルミの金属っぽい質感。このモデルではUSB Type-C端子が4ポートあるが、下位モデルは2ポート。

撮影:伊藤有

なお、11.5ミリというボディーの薄さは、確かに注目点ではあるものの、写真のように壁を背にして設置するような場合には残念ながらほとんど意識できない(オフィスのようなアイランド型のデスク配置なら、全く違うだろう)。

2. カメラの「Zoom性能」は体感できるレベルでキレイ

新型iMacのカメラ

新型iMacのカメラ。以前は一度も使ったことがないという人も少なくなかったが、今やテレワークの最重要装備の1つになった。

撮影:伊藤有

テレワーク時代の実用装備として重視されることが増えてきた「Webカメラ」。iMacの場合は「FaceTime HDカメラ」と呼ぶ。製品発表では、アップルが「Mac史上最高のカメラシステム」と胸を張っていたのは記憶に新しいところだ。

元々Macは、M1搭載MacBook Pro/Airに世代交代した時点で、一段上のカメラ画質に向上していた。アップル関係者によると、画質向上はM1の画像信号プロセッサー(ISP)による効果が大きいと言うが、実際ノートPC内蔵カメラとしてはかなり良質な部類だった。

さて、iMacのカメラ機能は、結果から言うと「さらにその一段上の性能」はありそうだ。

zoom

上がiMac、下がM1搭載MacBook Airでの画面。光源と撮影タイミングはまったく同じでも色みが違い、iMacの方がより好ましく、自然だ。

撮影:伊藤有

上がiMac、下がM1版MacBook AirのカメラによるZoom画面(背景の一部はぼかし処理をしている)。色みの違いのほか、左奥の扉の描写なども、iMacのほうが自然な映像になっているのが分かる。

カメラ機能で興味深いのは、Zoom映像を見た相手の反応だ。

「映像がいつもより妙にシャープ。なぜ?」という声や、「Zoomのバーチャル背景がいつもよりくっきり切り抜けている」「Zoomの映像なのに生々しさを感じる」など、動画だとより、カメラの良さが際立つようだ。

同じM1の画像処理とはいえ、根本的に絵の質が違う印象もある。光学性能の違いもあるのかもしれない。



iMacのスタジオマイク

本体内蔵マイクアレイ部分。上面の2つの穴が通常のマイク、背面に1つある穴はノイズキャンセル用途に使われる。

撮影:伊藤有

一方、マイク性能についても、アップルは「スタジオ品質」をうたうなど相当自信がある。ただ、これについては、「設置場所」の影響をかなり受けることもわかった。

例えば、今回の設置環境はすぐ後ろに壁があり、音が反響しやすい。こういう場所にiMacを設置すると、声の反響までそのまま拾ってしまう。Zoomの相手からは、「音質としては確かに良いが、聞き取りやすさではAirPods Proを使った方が良いかも」という、微妙な評価になってしまった。

万全の室内環境なら、クリアな音になる、ということかもしれない。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み