空爆開始から1週間が過ぎ… 写真で見る、破壊されたパレスチナ自治区ガザの現状

少年

2021年5月17日、パレスチナ自治区ガザのジャバリア難民キャンプ。

Mustafa Hassona/Anadolu Agency via Getty Images

  • イスラエルの空爆によって、パレスチナ自治区ガザでは200人以上が死亡、数千人が住む場所を失った。
  • パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスがイスラエルにロケット弾で攻撃してから、空爆は1週間続いている。
  • エルサレムでのイスラエル警察とパレスチナ人の衝突をきっかけに、ハマスはロケット弾を発射し始めた。

先週から続いているイスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの空爆によって、これまでに200人以上のパレスチナ人が死亡し、数千人が住む場所を失った。

空爆

イスラエルによる空爆を受け、消火活動にあたる消防士たち(2021年5月17日、ガザ)。

Ali Jadallah/Anadolu Agency via Getty Images

空爆によって、ガザではこれまでに少なくとも212人 —— 少なくとも61人の子どもを含む —— が死亡したと、ニューヨーク・タイムズは報じている。

ガーディアンは、これまでに少なくとも1230人が負傷したと伝えた。


5月16日だけで、ガザではイスラエルの空爆によってパレスチナ人42人が死亡した。

家を失った子ども

イスラエルの空爆によって、家を失ったパレスチナ人の子ども(2021年5月17日、ガザ)。

Ali Jadallah/Anadolu Agency via Getty Images

このうち10人は子どもだと、ロイターは報じた。


空爆の前、パレスチナ自治区とイスラエルの緊張状態は数週間にわたって続いていた。

逃げる人々

イスラエル警察が放った音響閃光弾(スタングレネード)から逃げるパレスチナ人(2021年5月10日、エルサレム)。

REUTERS/Ammar Awad

ハマスは5月10日、イスラエルに対してロケット弾を発射し始めた。イスラム教にとって神聖な場所である「アルアクサ・モスク」付近で、イスラエル警察がパレスチナ人を攻撃したのがきっかけだった。

この日、イスラエル警察は抗議の声を上げるパレスチナ人に対し、音響閃光弾(スタングレネード)などを使用し、300人以上のパレスチナ人が負傷した。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

tmb_af_46.001

純利益5兆円のソフトバンクG。「会計上の変更」でダンジョン化した損益計算書を読み解く

  • 村上 茂久 [株式会社ファインディールズ 代表取締役]
  • Jun. 23, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み