ソニーの2万円台スマホ「Xperia Ace II」が登場、競争激化するエントリー市場向け

Xperia Ace II

ソニーはエントリー向けスマホ「Xperia Ace II」を発表。カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ブルーの3色だ。

出典:ソニー

ソニーは5月19日、新型スマートフォン「Xperia Ace II」(エース・マークツー)を発表した。国内専売モデルで、NTTドコモが2021年夏モデルとして扱う。

発売日は5月28日。価格はドコモオンラインショップの新規一括購入で2万2000円(税込)。

ソニーはハイエンドモデル「Xperia 1 III」(ワン・マークスリー)、ミドルレンジモデル「Xperia 10 III」(テン・マークスリー)を2021年夏向け製品として発表済み。今回のAce IIの詳細仕様は以下の通りで、前モデルが4万円台前半だった10 IIIより、さらに安価なエントリーモデルという位置付けだ。

  • ディスプレイ:5.5インチ1496×720ドット(縦横比18.9対9)液晶
  • チップセット:メディアテック製「Helio P35」
  • メモリー/ストレージ:4GB/64GB
  • カメラ(背面/正面):1300万画素/800万画素
  • 防水防じん性能:IP65/68
  • バッテリー:4500mAh

Xperiaなのに“ノッチ形状のカメラ”を採用

Xperia Ace IIと10 III

写真左からAce IIと10 III。Ace IIは正面カメラがディスプレイ内に食い込んでいるのがわかる(編輯部にて画像を加工)。

出典:ソニー

仕様からもわかるが、さまざまな面でXperia Ace IIは、これまでの「Xperiaらしくない」部分がある。

ここでいう「らしさ」とは、前述の1 IIIや10 IIIのようなカメラ、オーディオ、ディスプレイに対するソニーのこだわりの性能や機能のことだ。

例えば、Xperia Ace IIには国内向けXperiaでは初めてとなる、液晶上部にカメラレンズが食い込む形の、いわゆる「ノッチ形状」の正面カメラを搭載する。

ソニーはXperia 1や10において、このノッチ形状のカメラを頑なに不採用にしてきた。その理由は、ノッチ形状では表示コンテンツが欠けたように見えてしまうからだ。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み