無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ランボルギーニ、10年以内にすべてのモデルをEV化…その前にアヴェンタドールなどのハイブリッド版を発売

Lamborghini

REUTERS/Yves Herman

  • ランボルギーニは、2025年以降に電気自動車を製造する計画だ。
  • フォルクスワーゲン傘下の同社は、その前段階としてハイブリッド車への移行に15億ユーロを投じるという。
  • ハイブリッド車によって、2025年初めには二酸化炭素排出量を50%削減できると、同社CEOは述べた。

ランボルギーニ(Lamborghini)は、2025年以降に電気自動車(EV)の製造を開始すると発表した。

同社は10年後までに電気自動車への完全移行を目指しているが、その前に、ウラカン、アヴェンタドール、ウルスなどのハイブリッド版を製造すると述べた。

このフォルクスワーゲン・グループ(Volkswagen Group)傘下のイタリアの高級車メーカーは、ハイブリッド車への移行に今後4年間で同社史上最大となる15億ユーロ(約2000億円)を投じると、ウェブサイトに掲載したプレスリリースで述べた

「ランボルギーニの電気自動車への移行は、世界が根本的に変わっていく中で必要とされた新しい計画だ」と同社CEOのステファン・ヴィンケルマン(Stephan Winkelmann)は述べている

「我々は具体的なプロジェクトを通して、環境負荷の軽減に貢献していきたい」

同CEOは、ウラカン、 アヴェンタドール、ウルスのプラグインハイブリッド版によって2025年の初めには二酸化炭素排出量を半減させたいとブルームバーグのインタビューで述べた

フォルクスワーゲンは2021年3月、テスラに対抗し世界最大の電気自動車メーカーになるという野心的な計画を発表した。同社は2030年までに6つの「ギガファクトリー」(電池生産工場)をヨーロッパに建設する計画だと述べている。また、4億ユーロ(約530億円)を投じて、2025年までに急速充電スポットを5倍に増やすという。

フォルクスワーゲン・グループの傘下であるベントレーも、2026年までにハイブリッド車を製造し、2030年までに電気自動車へ完全に移行することを発表している

[原文:Lamborghini says it will make its first fully electric car after 2025 and invest $1.8 billion in a 'hybrid transition'

(翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

矢澤麻里子

働きすぎるのが怖い。「VCとしては尊敬できるけど、奥さんじゃない」と突きつけられた離婚【矢澤麻里子3】

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jul. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み