無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


各国で開発が進む「中央銀行デジタル通貨」…世界経済にもたらされる3つの利点とは

デジタル通貨

Photo by Chesnot/Getty Images)

  • フィッチ・レーティングスは、中央銀行が発行するデジタル通貨が世界経済にもたらす利点についてレポートで詳細に説明した。
  • その利点としては、社会のデジタル化、新たな利用法、犯罪の減少の3点が挙げられている。

中央銀行が発行するデジタル通貨が広く普及すれば、さまざまな面で世界経済に恩恵をもたらす可能性がある。フィッチ・レーティングス(Fitch Ratings)は5月17日に発表した調査レポートの中で、中央銀行デジタル通貨(Central Bank Digital Currency:CBDC)がもたらす3つの利点について詳しく述べている。


1. 社会のデジタル化が進む

リテール型(個人や企業など幅広い利用者を想定)のCBDCには、中央銀行が支援するキャッシュレス決済を強化する能力があるという。特に新興市場においては、取引コストの低いCBDCの導入により、銀行口座を持たないコミュニティを金融システムに取り込むことが可能になる。

2. 新たな利用法が開発しやすい

CBDCは、プログラミングが容易で柔軟性が高いことから、新たな利用法の道を開く可能性もある。例えば、災害支援や景気対策の一環としての支援金の送金を、デジタル通貨で行うということも考えられる。

3. 金融犯罪が減少する

CBDCが普及すると、民間の決済システムが縮小し、中央銀行が金融取引データをより詳細に追跡する能力が向上すると思われる。これは実質的に、金融犯罪の防止に役立つと考えられる。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み