無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


フォード、アメリカで最も売れている車「F-150」のEV版を発表…最上位モデルにはハンズフリー機能を標準装備

フォード・F-150ライトニング

フォード・F-150ライトニング

Ford

  • 米フォードは5月19日、ピックアップトラック「F-150」の電気自動車(EV)モデルを発表した。
  • 「F-150ライトニング」のエントリーモデルは4万ドル(約435万円)以下だが、上位モデルを選び、オプションの大容量バッテリーを搭載すると9万ドル(約980万円)近くになる。
  • 「F-150ライトニング」は、2022年春に発売予定。

長年にわたる憶測と期待を経て、米フォード(Ford)は2021年5月19日、電動ピックアップトラック「F-150ライトニング(F-150 Lightning)」を発表した。

アメリカで最も愛されているトラック、F-150の電気自動車(EV)版は、ガソリンエンジンモデルに比べて性能や機能が向上しているが、価格は同等だ。発売は2022年半ばの予定で、希望小売価格は3万9974ドル(約435万円)から。100ドル(約1万1000円)の手付金を支払えば予約できる。

フォード・F-150ライトニング

フォード・F-150ライトニング

Ford

ただし、約4万ドル弱で買えるのは商用版で、「XLT」と呼ばれる最も安いコンシューマーモデルは5万2974ドル(約577万円)からとなっている。より大きなバッテリーを搭載し、「プラチナ(Platinum)」「ラリアット(Lariat)」などの上級モデルを選ぶと、価格は9万ドル(約980万円)近くになる。

現行モデルよりもパワフルなF-150ライトニングは、オプションの大型バッテリーを搭載した状態で、563馬力と775lb-ft(約1050Nm)のトルクを発生する。さらに、最大4.5トンを牽引でき、時速60マイル(約96km/h)までの加速は4秒台。また、すべてのモデルがデュアルモーターを搭載した4輪駆動だ。

フォード・F-150ライトニング

フォード・F-150ライトニング

Ford

フォードによると、ベースモデルの航続距離はEPA(アメリカ環境保護庁)基準で230マイル(約370km)、大型バッテリーを搭載した場合は300マイル(約482km)の走行が可能だ。重いトレーラーを牽引したり、荷物を載せることを考慮すると、この数字は大幅に減少するが、実用性よりもスタイルを重視してこのトラックを購入する消費者にとってはあまり重要ではないだろう。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み