無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


もはや洗脳…TikTokで75億回視聴の「購入品紹介」に高まる批判

コロナ禍が収束の気配すら見せなかった2020年の暮れ、マンディー・リー(29)は外に出るよりもスマホを見ている時間が長くなっていた。

中でもリーが時間を費やしたのは、ご多分に漏れずTikTokだ。その後まもなく、リーは「購入品」トレンドにハマった。最近散財したものをシェアする動画なのだが、数万円以上使った購入品の山を自慢する内容も少なくない。

程なくしてリーも、SNSで人気のブランドであるハウス・オブ・サニー(House of Sunny)やパロマウール(Paloma Wool)のショッピングを始めた。@OldloserinBrooklynというユーザー名で、フォロワー向けに戦利品の内容を投稿し始めたのだ。

「ロックダウンで空き時間が増えただけではなく、パートナーと出かけることもなくなってお金がありました。そこで、すごく流行っている服に散財する格好になってしまったんですね。着ていくところがあるわけでもないのに……」とリーは話す。

最初はファッションの最新トレンドに乗っている自分をフォロワーに見てもらおうと思っていただけのはずが、だんだん自分のファッションスタイルを失い始めていった、とリーは言う。また、TikTokのホーム画面に同じような服が何度も出てくるのにも飽きてしまった。

今思えば、洗脳されてましたね」と言うリーのTikTokのアカウントは今、過剰消費を避けつつ、見る人が自分らしいスタイルを作っていくための内容に変わっている。

75億回視聴の一大ハッシュタグに高まる批判

初期のYouTubeで人気を博した購入品紹介動画が、今はTikTokで流行している。次々に新しい服を何十着も着て見せていくクリエイターの動画は、すぐに何百万もの視聴数を稼ぐ。TikTokで「haul(購入品)」のハッシュタグをつけて投稿された動画(ファッションが多い)は、これまでに75億回も視聴されている。

ただ同時に、この状況を批判する動きもある。こうした動画はファストファッションの過剰消費を促進し、多くの商品が結局捨てられてしまう、というものだ。

ファッションが環境に与える影響、特に安価なファストファッションから生まれるインパクトは世界的な懸念事項になっている。

国連環境計画のデータによると、2018年には、ファッション業界は世界の廃水の2割、炭素排出量の1割を占めていた。毎秒ごとにごみ収集車1台分の衣服が埋め立て地に送られるか焼却されており、2050年には世界の炭素予算(地球温暖化を抑えるための炭素排出量の上限)の4分の1をファッション業界が占めることになるかもしれないという。

ファストファッションの商品の多くに含まれるポリエステルは分解が容易でなく、洗濯すると合成マイクロファイバーを放出し、それが河川や海洋に流れ込んでいく可能性がある。さらに、アパレル業界は、その劣悪な労働環境や低賃金についても批判されることが多い。

つまり、お金を使えば使うほど視聴回数を稼げる購入品紹介動画のトレンドが、こうした問題をさらに悪化させているのではないか、という批判が起こっているのだ。

まだ少数派ではあるものの、その声は次第に大きくなってきている。TikTokで「overconsumption(過剰消費)」というハッシュタグの付いた動画は150万回視聴されており、持続可能性を重要視する動画クリエイターたちは他のTikTokユーザーに対し、こうした無駄の多いファッション習慣について警鐘を鳴らす。

2020年に『ファストファッションとの関係を断ち切るには(How to Break Up With Fast Fashion)』を出版した、スローファッションを支持するジャーナリストのローレン・ブラボー(Lauren Bravo)は言う。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み