無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


タブー視されがちな日本の性教育。女性活動家の2人に聞く問題点とは

昨今、自分の身を守る手段として学校や家庭における「性教育」の必要性が認知されつつある。しかし、性教育を必要としているのは子どもだけではない。大人にこそ必要なのでは? という観点で、2021年2月18日のオンラインサロン「MASHING UP SALON vol.8」は、「大人のための、正しい性知識。改めて性教育を考える」をテーマに開催。

助産師のかたわらチャンネル登録者数14万人を超える性教育YouTuberとして活動をしているシオリーヌ(大貫 詩織)氏と、海外留学を経て起業し「性教育トイレットペーパー」を生み出した一般社団法人Sowledge代表の鶴田 七瀬氏。この二人を招き、ビジネスパーソンが知っておきたい性知識やハラスメントの定義など、今求められる「性」との向き合い方を語ってもらった。

性知識は、自分の人生を選び取る上で大切なもの

「MASHING UP SALON vol.8」は、「大人のための、正しい性知識。改めて性教育を考える」

MASHING UP提供

性教育YouTuberのシオリーヌ氏が性教育に関心を持ち始めたきっかけは、助産師として多くの女性と接する中で、妊娠や出産を経験するまで性知識に触れてこなかった人が多いと感じたからだ。

性の知識は、自分の人生を自分が望むように選択していく上で欠かせないもの。身体に変化が起きてから初めて気づくのでは、遅いこともある。思春期や第二次性徴期に、正しい知識が備わっている状態で、納得のいく意思決定ができることが大切だと感じ、性教育に関心を持ちました」(シオリーヌ氏)

ところが、いざ学校などで性教育の講演活動を行うと、学校の意向で「コンドームについて話すのはいいが、実物や詳しい使い方は見せないでほしい」などの制約が出てきた。

学校では伝えきれない知識を発信するアフターフォローの場を作りたいと考え、2019年2月から「性教育YouTuber」として動画の投稿をスタート。

当初は、性の話をオープンに語ることへの好奇な目も多かったが、今では多くの視聴者から性教育への肯定的な意見が寄せられている。

助産師で性教育YouTuberのシオリーヌ(大貫 詩織)氏

助産師で性教育YouTuberのシオリーヌ(大貫 詩織)氏

MASHING UP提供

2021年12月には、性教育に関する著書『CHOICE』(イースト・プレス)を出版。男児向け/女児向けと、性別で区切られていることが多い従来の性教育の書籍に対する疑問を抱いたことが背景となっている。

どんなセクシュアリティの人でも、とりあえずこれを一冊読めば、大事な知識をひと通り学べるように制作しました。若い世代へ向けて内容を詰め込んだ書籍を作りたかった」(シオリーヌ氏)

社会に漂うタブー感。性の話ができる環境を作りたい

一般社団法人Sowledge代表の鶴田氏が、性の問題に取り組み始めたのは、親友が共通の友人から1年以上性暴力を受けていたことを知ったのがきっかけだった。

「自分も性被害や性暴力によって自覚なく傷つき、心をヤスリで削られているような感覚を積み重ねていたことに気がついた。ちょうど同じくらいの時期に、#MeToo運動が起きていて、日本の状況に危機感を覚え、自分で何かできることをしようと活動を始めました」(鶴田氏)

活動を進める中で、性知識がないために予期せぬ妊娠をしてしまう人が多いのだと実感。その背景には、教育現場における"歯止め規定"など、性の話へのタブー感があった。

一般社団法人Sowledge代表 鶴田七瀬氏

一般社団法人Sowledge代表 鶴田七瀬氏

MASHING UP提供

鶴田氏が目指したのは、「性の話ができる環境を作る」こと。そのための教材として作られたのが「性教育トイレットペーパー」だ。小学校1年生からでも性教育を行うことができるように、様々な性知識が分かりやすい言葉やイラストで綴られている。

この「性教育トイレットペーパー」は、連載「社会とわたし/クラウドファンディングから見えたこと」でも語っていたように、トイレという「個室」にあることで、他人の目を気にせずに性知識を学ぶことができるのが最大の特徴だ。

性教育に関するコンテンツのほか、予期せぬ妊娠をした未成年の女性が、無料で安全に、中絶という選択をできるようサポートする「トコトコ基金」の設立にも取り組んでいる。

「知識と共に、行動を変えるために必要なサポートを届けるということを、今後は行っていきたい」(鶴田氏)

自分と他者を大切にする。ビジネスパーソンに求められる性知識とは

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み