レディー・ガガ、自身をレイプした音楽プロデューサーにスタジオに「閉じ込められ」妊娠させられたと明かす

レディー・ガガ

John Shearer/Getty Images

  • Apple TV+の『The Me You Can't See』に出演したレディー・ガガは、自身が19歳の時に受けたレイプ被害について語った。
  • ガガをレイプした音楽プロデューサーの男は、彼女を何カ月もスタジオに「閉じ込め」、彼女を妊娠させたという。
  • 妊娠し「嘔吐している」彼女を、その男は彼女の実家の前に置いていったとガガは話した。

レディー・ガガは19歳の時、ある音楽プロデューサーにレイプされ、妊娠させられたことを明かした。

現在35歳のレディー・ガガは、5月20日(現地時間)にリリースされたApple TV+のドキュメンタリー『The Me You Can't See』の中で当時のことを振り返った。

レイプ被害にあってから数年後、身体に痛みがあったことから病院を受診した後、繰り返し起こる強い痛みが馴染みのある"無感覚"に変わったと、ガガは語った。

「これは、わたしをレイプした人間がわたしの両親の住む実家の前に、虐待され、嘔吐し、体調が悪かったわたしを置いていった時に感じたのと同じ痛みだと気付いたの」

「何カ月もわたしはスタジオに閉じ込められていたのよ」

ガガは、その音楽プロデューサーが彼女に服を脱がないと、彼女の音楽を「燃やす」と脅したとも話したが、公の場でこの人物を特定する考えはないと言った。

「あの人には二度と対面したくない」とガガは説明した。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

tmb_af_46.001

純利益5兆円のソフトバンクG。「会計上の変更」でダンジョン化した損益計算書を読み解く

  • 村上 茂久 [株式会社ファインディールズ 代表取締役]
  • Jun. 23, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み