無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


中国EV3兄弟、三国志に重ねる呂布 「テスラ」攻略戦略【EV大国中国の全貌3】

tmb_china.001(1)

Business Insider Japan編集部作成

「EV3兄弟」。中国EV業界で最近よく出てくるワードだ。上海蔚来汽車(NIO)理想汽車小鵬汽車の3社を指し、2014~2015年に創業し、2020年に成長軌道に乗った点が共通している。

第一次EVブームに設立された「新興EV」勢には、他にもバイドゥとの関係が強い威馬汽車(WM Motor)、2021年中の上場を目指す哪吒汽車(Neta)もあるが、NIOに続き、理想汽車、小鵬汽車が上場したことで頭一つ抜け出し、また、3社の創業者が親しいことから、「BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)」のように“グループ化”された。

テスラ追う夢を共有する同士

中国EV3社とテスラの販売台数

(出所)中国乗用車市場信息聯席会のデータを集計

NIO、理想汽車の創業者は2000年代前半に自動車情報サイトを設立し、テスラの動向を追い続けてきた。モデルSが2014年に中国で発売されたことと、2人の創業は無関係ではない。また、アリババ幹部だった小鵬汽車の創業者も、テスラのイーロン・マスクCEOのスピーチを聞いて、EV業界への関心を強めたと言われている。

3人は中国EV業界ではライバルだが、「テスラを追う」夢を共有する同志でもある。

sannnin

左から何小鵬氏、李斌氏、李想氏。

何小鵬CEOのウェイボより

小鵬汽車の何小鵬CEOは2020年6月、3人が肩を組む写真とともに、三国志の登場人物である張飛、関羽、劉備が呂布と戦う「三英戦呂布」のイラストをSNSウェイボに投稿した。イラストに説明はなかったが、圧倒的な武力を持つ呂布が「テスラ」、呂布に向かっていく張飛、関羽、劉備が中国EV3兄弟を指すと話題になった。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み