ミレニアル世代は財産に対する考え方を変えた…パンデミックで資産の使い方にも変化

パンデミックはミレニアル世代の考え方を変えた

ミレニアル世代の富裕層は、パンデミックによって、財産について考え方を変えたようだ。

Sarah Stier/Getty Images

ミレニアル世代の富裕層にとって、財産にかつてのような意味はもうない。

プライベートバンクのボストン・プライベート(Boston Private)の最新調査で、パンデミックによって富裕層はライフスタイルを変え、優先順位を見直し、その過程で財産に対する認識が変わっていることがわかった。「Why of Wealth」と題されたこの調査報告書は、100万ドル以上の資産を所有する富裕層を調査対象にしている。

2021年に25歳から40歳を迎えるミレニアル世代は、財産に対する考え方を最も大きく変えた世代だ。4分の3以上(89%)が、パンデミックによって富の定義が変わったと答えた。また、この世代は、パンデミックによって財産の優先順位やそれに対する感情が変わったと答えた人が最も多く、それぞれの項目を85%の人が肯定している。

X世代(1965年から79年頃生まれ)やZ世代(1990年代半ばから2000年代前半生まれ)も同様に感じており、それぞれ4分の3以上が同じ気持ちの変化を認めている。だが、団塊の世代(ベビーブーマー:1945年から64年頃生まれ)や沈黙の世代(1928年から44年頃生まれ)では、明確な違いが見られた。これら2つの世代で、パンデミックによって財産に対する考えが変わったと答えた人は4分の1以下(24%)だった。この報告書ではこれは年齢が起因することだと述べている。彼らは重要なライフイベントをすでに経験し、ある一定の考えに落ち着いているからだ。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular