無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


最も古い渦巻構造を持つ銀河を撮影…124億年前、ビッグバンの14億年後に形成

アルマ望遠鏡が捉えた124億年前に形成された銀河BRI 1335-0417。

アルマ望遠鏡が捉えた124億年前に形成された銀河「BRI 1335-0417」。

ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), T. Tsukui & S. Iguchi

  • チリにあるアルマ望遠鏡が、124億光年離れた渦巻構造を持つ銀河を捉えた。
  • この銀河は、観測史上最古とされていた渦巻銀河よりも、さらに10億年も古いことが明らかとなった。
  • 今回の発見は、天の川銀河のような渦巻銀河がビッグバンの後にどのように形成されたかを知る手がかりとなる。

これまで観測された中で最も古い、124億年前に形成された渦巻構造を持つ銀河の姿が捉えられた。

正式名称を「BRI 1335-0417」というこの銀河は、チリにあるアタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(ALMA:アルマ望遠鏡)で撮影された。このことは、ビッグバンから14億年後には渦巻構造のある銀河が形成されていたことを示している。この画像は、査読論文を掲載する学術誌「Science」に5月20日付けで掲載されたBRI 1335-0417に関する研究の一環として撮影された。

欧州宇宙機関(ESA)の広報責任者で、遠方銀河の研究者であるカイ・ノエスケ(Kai Noeske)博士は、「銀河が今のような形になり始めたと我々が考えていた時期が、およそ10億年、遡ることになった」とInsiderに語った。

渦巻銀河は、成熟した銀河だ。

宇宙の構造が形成される初期段階では、暗黒物質が高温のガスを集め、それが小さな塊となって星を形成する。それらが合体していびつな形をしたいくつもの銀河となり、その銀河がさらに集まって、次第に回転を始め、円盤のような形になってゆくと、ノエスケ博士は述べている。

以下のコンピュータシミュレーションは、その様子を表している。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み