自由なデザインを手頃な価格で! 3Dプリンターで作った家をのぞいてみた

外観

Bart van Overbeeke

  • オランダでは先日、一組のカップルが広さ1012平方フィート(約94平方メートル)の3Dプリンターで作ったコンクリート製の家に引っ越した。
  • これは世界初の3Dプリンターで作るコンクリート製の「商業用住宅プロジェクト」の一環として建てられる、5軒の家のうちの1軒だ。
  • メーカーによると、コンクリート製の3Dプリンターで作る家は、住宅危機と住宅不足を緩和する助けになるという。

4月30日、一組のオランダ人カップルが3Dプリンターで作ったコンクリート製の家を"自宅"と呼び始めた。

カップル

Bart van Overbeeke


この家はオランダのアイントホーフェンにある。

壁

Bart van Overbeeke


この家は、アイントホーフェン工科大学や自治体、業界の専門家、建築家、複数の民間企業が共同で進める「プロジェクト・マイルストーン」によって、3Dプリンターを使って建てられる5軒の家のうちの最初の1軒だ。

リビング

Bart van Overbeeke


メーカーによると、プロジェクト・マイルストーンは世界初の3Dプリンターで作るコンクリート製の「商業用住宅プロジェクト」だ。

寝室

Bart van Overbeeke

Source: 3D Printed House


家は1軒ずつ建てていく。そうすることで、メーカーは出来上がった家を建てる過程で学んだことを次の家に活かすことができる。1軒目より2軒目、2軒目より3軒目と、家はどんどん複雑な作りになっていく。

キッチン

Bart van Overbeeke


近年、住宅危機が悪化している。アメリカでは特に、だ。

寝室

Bart van Overbeeke

Source: Insider


メーカーによると、悪化し続ける住宅危機を緩和するために、プロジェクトチームはこの"3Dプリンターで作るコンクリート製の家"を持続可能な住宅建設の方法にしたいと願っている。

外観

Bart van Overbeeke

Source: 3D Printed House


3Dプリンターを使って家を建てるプロセスはしばしば、伝統的な建設方法よりもスピーディーかつサステナブルだと考えられている。

室内

Bart van Overbeeke

Source: Insider


プロジェクト・マイルストーンで使われているような精密なプリンターは、伝統的な建設方法に比べて、使用するコンクリートの量も少ないからだ。

室内の様子

Bart van Overbeeke


そして、3Dプリンターを使えば、よりクリエイティブな、これまでにないような家を作ることが可能になる。 …この大きな岩のような形をした新しい家のように。

外観

Bart van Overbeeke


「手頃な価格であることに加え、市場はますます革新的な住宅コンセプトを求めるでしょう」とアイントホーフェン市の住宅・空間開発担当の市会議員ヤシン・トルノーグル(Yasin Torunoglu)氏はプレスリリースの中でコメントしている。

リビング

Bart van Overbeeke

Source: 3D Printed House


「この3Dプリンターを使って建てる家でわたしたちは今、自分の家の形を自由にコントロールし、手頃な住宅を迅速に実現するという未来を方向付けているのです」とトルノーグル氏は続けた。

デスク

Bart van Overbeeke


人件費は抑えられるものの、今のところこの3Dプリンターの家は「伝統的な」家より手頃な価格ではない。ただ、これがプロジェクトが取り組んでいる"目標"だ。

ソファ

Bart van Overbeeke

Source: 3D Printed House


この3Dプリンターの家は、印刷工場でプリントされた24のコンクリートのパーツでできている。

外観

Bart van Overbeeke


工場で印刷されたパーツは家が最終的に建つ場所へと運ばれ、家の基礎の上に組み立てられる。

壁

Bart van Overbeeke


屋根と骨組みは後から。

室内

Bart van Overbeeke


複数のパーツで構成されているものの、この家には耐久性がある。20~30年は使えるように考えられている。

壁

Bart van Overbeeke


3Dプリンターを使って建てられたこの家は現在、不動産投資家のVestedaが所有している。半年契約だと月額およそ1400ドル(約15万3000円)で個人居住者に貸し出される。

洗面所

Bart van Overbeeke

Source: 3D Printed House


この家には現在、アムステルダムからやって来た退職者2人が住んでいると、ガーディアンは報じた。

カップル

Bart van Overbeeke

Source: The Guardian


「貯蔵施設のようで… 安心感があります」と、この家に住むハリー・デッケルスさんはガーディアンに語った。

カップル

Bart van Overbeeke

Source: The Guardian


では、この家をもう少し詳しく見ていこう。

外観

Bart van Overbeeke


広さ1012平方フィート(約94平方メートル)ほどのこの家には、リビング、キッチン、寝室が2つある。

寝室

Bart van Overbeeke


この「大きな岩のような」ユニークな姿は、周りの景色に溶け込むようデザインされていて、自由な形の建物を作ることができる3Dプリンターの能力をいかんなく発揮している。

外観

Bart van Overbeeke


3Dプリンターを使って建てた他の家とは違って、このユニットは丸みを帯びた壁と空間が印象的な、独特な姿をしている。

カップル

Bart van Overbeeke


形は独特だが、室内の雰囲気は一般的な家と何ら変わらない。

室内の様子

Bart van Overbeeke


玄関のドアは、デジタルキーで開け閉めできる。

壁

Bart van Overbeeke

Source: The Guardian


断熱もしっかりとされていて、暖房も付いている。一般的な住宅と同じだ。

リビング

Bart van Overbeeke


たくさんの自然光を取り入れられるように、大きな窓がいくつも取り付けられている。

外観

Bart van Overbeeke


リビングは広々としていて…

リビング

Bart van Overbeeke


キッチン、ダイニングと一体化している。

ダイニング

Bart van Overbeeke


寝室には、仕事ができるスペースもある。

寝室

Bart van Overbeeke


もちろん、シャワーや洗面台を備えたバスルームもある。

バスルーム

Bart van Overbeeke


この家には1階しかないものの、プロジェクト・マイルストーンでは今後、複数階ある家も建てていくつもりだ。

寝室

Bart van Overbeeke


プロジェクトの5軒目の家は2階建てになる予定で、現場で"印刷"されるという。

外観

Bart van Overbeeke

Source: 3D Printed House

[原文:A couple just moved into a 3D-printed concrete home for about $1,400 a month- see what it's like to live in

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み