テスラ、再エネ大規模充電ハブを英国に構築。イーロン・マスクは次の構想に着手か

オックスフォードに開業予定の充電スーパーハブ

オックスフォードに開業予定の充電スーパーハブ。

ファースネッド提供

イーロン・マスク率いるテスラは、一度に26台もの電気自動車(EV)を充電できる大規模な充電ハブをヨーロッパに構築するプロジェクトに参画している。

テスラなど4企業は、英オックスフォードにいわゆる「エネルギー・スーパーハブ」を2021年末にも開業する予定だ。オランダの太陽光・風力発電企業Fastned(ファースネッド)と組み、10メガワット(MW)の再生可能エネルギーを発電するという。

この投資により、イギリスのテスラの充電ネットワークはさらに拡充することになる。ザップマップ(ZapMap)によると、テスラはイギリス国内の急速充電ネットワークの約15.7%を占める

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

新着記事

tmb_af_46.001

純利益5兆円のソフトバンクG。「会計上の変更」でダンジョン化した損益計算書を読み解く

  • 村上 茂久 [株式会社ファインディールズ 代表取締役]
  • Jun. 23, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

Popular