無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


『ワイルド・スピード』最新作が中国で好調なスタート…パンデミック後もハリウッド映画の命運は中国が握る

ワイルド・スピード最新作は中国で好調なスタート

Universal

  • 映画『ワイルド・スピード』最新作は、中国での公開初週の興行収入が1億3500万ドルに上った。
  • これは、パンデミック中に国内作品の上映が多かった中国でのハリウッド映画への期待を示している。
  • 中国の映画市場は、アメリカを抜いて世界一の規模になっている。

『ワイルド・スピード』シリーズは、長年にわたり世界的なヒットになっている。そしてその最新作が、パンデミックから回復してきた中国で好調なスタートを切った。

最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク(原題:Fast and Furious 9)』は、公開後初の週末(5月22日、23日)の世界興行収入が1億6200万ドルに達し、そのうち1億3500万ドルが中国での収入だった。これは、2019年に『アベンジャーズ/エンドゲーム(Avengers: Endgame)』が中国で公開初週に1億ドルを上回って以来のことだ。『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は公開が1年以上延期され、アメリカでは6月25日に封切りとなる。

シリーズの前2作『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015年)と『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年)は、合計の世界興行収入が10億ドル、中国では3億9000万ドルだった。

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』の好調なスタートは、近年ハリウッド映画の世界興行収入で大きく依存しているがパンデミック中は国内作品が主流だった中国で、ハリウッドの大作映画が依然として好成績を収めることができるという安心感をもたらしている。

中国市場はパンデミックによってアメリカを上回るようになってきており、さらに大きな影響力を持つ可能性がある。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

北京・上海で計画停電、信号も止まる「電力不足」。優先すべきは経済か環境か…中国が直面する矛盾

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Oct. 19, 2021, 07:15 AM

有料会員限定

karakama_WEO_202110_top

日本経済の悪化ぶりは別次元。最新のIMF「世界経済見通し」が示すアフターコロナの“国際格差”

  • 唐鎌大輔 [みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト]
  • Oct. 19, 2021, 07:00 AM
  • 7,672

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み