無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


"ヨーロッパ最後の独裁者"と呼ばれることも… ベラルーシの大統領アレクサンドル・ルカシェンコとは

ルカシェンコ

ベラルーシのルカシェンコ大統領。

Reuters

  • アレクサンドル・ルカシェンコ大統領(66)は、ベラルーシを26年に渡って統治してきた。
  • 2020年には選挙を不正操作し、自らが80%を得票したと宣言して、6選を果たした。
  • 今週23日には、ベラルーシの反体制派ジャーナリスト、ロマン・プロタセビッチ氏(26)の身柄を拘束するために、旅客機を強制着陸させた。

ベラルーシ当局が5月23日にヨーロッパの格安航空会社ライアンエアーの旅客機を首都ミンスクに強制着陸させた一件は、国際的な非難を招いた。強制着陸の理由とされた"爆破予告"は、ジャーナリストのロマン・プロタセビッチ氏の身柄を拘束するための策略だったことが分かったからだ。

プロタセビッチ氏はポーランドに拠点を置くニュースチャンネル「ネクスタ(NEXTA)」の共同創業者で、メッセージアプリのテレグラム(Telegram)を使ってルカシェンコ大統領に抗議する大規模デモの様子などを伝えていた。同氏はルカシェンコ大統領を激しく批判し、隣国リトアニアに拠点を移していた。旅客機が強制着陸させられると、同氏と同氏の交際相手ソフィア・サペガさん身柄を拘束された

今回の動きは、アメリカを含む欧米諸国の批判を招いた。CNNによると、欧州連合(EU)はベラルーシに制裁を課し、EUの全ての航空会社に対し、ベラルーシ上空を飛行しないよう呼びかけるつもりだという。EUのフォンデアライエン欧州委員長は24日、ベラルーシに対してまもなく、さらなる経済制裁が課されることになるだろうとの考えを示した。

しかし、このベラルーシをめぐるドラマの原因は、ルカシェンコ大統領自身だ。ルカシェンコ大統領はベラルーシで26年に渡って権力を握ってきた。そして、1人の活動家の身柄を拘束するためだけに国際社会の反発を買うことを何とも思わない。

軍隊の経験とロシアとのつながりを持つ絶対的指導者

ルカシェンコ

1970年代、学生時代のアレクサンドル・ルカシェンコ。

The Republic of Belarus

ルカシェンコ氏が台頭し始めたのは1990年のことだ。当時30代後半だった同氏は若き有望な軍人で、白ロシア・ソビエト社会主義共和国の最高会議代議員に当選したばかりだった。

ソ連軍で就いてきたこれまでの役職や共産党の青年組織の会員であったことなどを挙げ、自らのソ連との親密な関係を自慢してきた。1993年には議会の汚職防止委員会のトップに就任した。

1994年には「この国をどん底から取り戻す」を公約に掲げ、得票率80.3%で大統領に選ばれた —— それ以来、ルカシェンコ氏は権力の座にあり続けている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み