無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


過去数年間で最悪の戦闘の中、イスラエルの「アイアンドーム」は自軍の無人機も撃ち落としていた

ロケット弾を迎撃するアイアンドーム。2021年5月12日。

2021年5月12日、ガザ地区から発射されたロケットを迎撃するアイアンドーム。

REUTERS/Amir Cohen

  • イスラエルの「アイアンドーム」は、戦闘中に何千ものロケットやドローンを撃ち落とした。
  • この防空システムは、自軍の無人機も誤って撃墜した。
  • イスラエル国防軍は地元メディアに誤射事件として調査中だと語った。

イスラエル国防軍(IDF)は地元メディアに対して、イスラエルの防空システム「アイアンドーム」が、最近のガザ地区での戦闘中に、自軍のドローンを誤って撃墜したと述べた。

IDFの報道官は地元紙ハアレツ(Haaretz)に対し、「ガザ地区での戦闘で、イスラエル国防軍のドローン『スカイラーク』がアイアンドームに撃ち落とされた」と述べ、この事件は調査中であると付け加えた。

「スカイラーク」は、イスラエルの国際的な軍事関連企業であるエルビット・システムズ(Elbit Systems)が製造した小型無人機で、IDFの砲兵隊「スカイライダー」が監視・偵察などの任務に使用している。

ハアレツ紙は、IDFが今回の誤射を「憂慮」していると報じている。その理由は、長い期間の戦闘で自軍に危害を加えずにすむかどうかが疑問視されるからだという。

IDFとガザ地区のパレスチナ人武装勢力との間で11日間にわたって激しい戦闘が繰り広げられた際、イスラエルの「アイアンドーム」は数千発のロケット弾に加えて、敵のドローンにも直面した。後者の迎撃は同システムにとって初めてのことだったという。

2021年5月12日、ガザ地区から発射されたロケットを迎撃するアイアンドーム。

2021年5月12日、ガザ地区から発射されたロケットを迎撃するアイアンドーム。

Amir Cohen/Reuters

イスラエルの「アイアンドーム」は、ロケット弾や迫撃砲を迎撃するために設計された短距離防空システムだ。このシステムは2011年から使用されており、イスラエルの都市に対するロケット攻撃による犠牲者を減らすために配備されている。

システムは、イスラエルの軍事企業であるラファエル・アドバンスド・ディフェンス・システムズ(Rafael Advanced Defense Systems)と航空機メーカーのイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(Israel Aerospace Industries)がアメリカの支援を受けて設計・開発したものだ。このシステムは、アローやパトリオットといった迎撃ミサイルなどを含む、より大規模な防衛システムの一部だ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み